コラム

ホワイトニング・審美歯科治療(港区・浜松町)の歯科・歯医者なら芝大門歯科クリニックにおまかせ

どんな白さにするのか事前にインフォームド・コンセントが大事

医療の世界では医師が患者に充分な説明をするインフォームド・コンセントが常識になっていますが、歯科医療も例外ではありません。

 

特に、審美歯科と呼ばれる分野は、患者本人が納得することが重要です。

例えば、歯を白くすると言っても、どの程度の白さを目指すのか、歯科医と患者の双方で合意していないと、患者は”もっと白くなると思っていたのに”と不満が残ってトラブルになりかねません。

 

まず、どの程度の白さが理想なのかですが、白ければ白いほど美しいわけではありません。肌の色や髪の色によってマッチする歯の色調は異なってきます。あまり真っ白な歯は、日本人の場合は目立ち過ぎて印象が悪くなることが多いようです。歯科医院には明度が異なる色見本がありますので、自分の肌色や顔立ちに合った白さをアドバイスしてもらうとよいでしょう。

 

そして、通常はホワイトニングする前に写真撮影をします。ホワイトニングを終えた段階で同じ条件で再び撮影します。目が慣れてしまうと”前と変わらない”と思い込んでしまうケースもあります。客観的に写真で確認することは、無用なトラブルを避けるために必要でしょう。

 

インフォームド・コンセントがしっかりできていれば、ホワイトニング後の生活も満足のいくものになるはずです。

広告関係の仕事をしている30代の女性の例を挙げてみましょう。彼女はクライアントへ説明に行く前に、鏡を見ながら笑顔の練習をしていたそうですが、ヘビースモーカーでコーヒーやワインを毎日飲む生活のため、歯が黄色くなっているのが気になって笑えなくなったとか。

 

カウンセリングでは彼女も明度が一番上の真っ白を希望したのですが、肌の色や全身とのバランスを説明して、もう少し明度の低い白を目指しました。

ホワイトニング後は、彼女もその白さが似合うと自覚できたそうです。

 

仕事場でも自然に笑顔ができるようになり、ホワイトニングをきっかけに禁煙。クライアントとの交渉もリラックスして行えるようになり、仕事を任せられることが多くなっ響を与えたのかがわかります。

その後、定期検診に訪れる彼女はハツラツとしていて、いかにホワイトニングが好影響を与えたのかがわかります。

 

こうした好結果が得られたのも、カウンセリング時のインフォームド・コンセントができていたからだと思います。

 

 

ホワイトニングに興味のある方は、芝大門歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。詳細はこちらでどうぞ

ラミネートベニアは、歯の表面に薄いセラミックを貼り付けて歯を白くする方法です

ラミネートベニアは、歯の表面を少しだけ削り、厚さ0・5mm程度のごく薄いセラミックの板を貼り付けて、歯を白くする方法です。

 

セラミックは天然歯に近い質感なので、自然な美しい仕上がりになります。耐久性が高く、磨耗にも強く、平均して10年程度は白い歯をキープできます。生体になじみやすいので、歯肉にもダメージを与えません。

 

通常は前歯6本に適用しますが、口を開けた時によく見える第一小臼歯もラミネートベニアにする場合もあります。

 

ラミネートベニアは、ブリーチングでは白くならない抗生物質の副作用による変色や、エナメル質形成不全、虫歯治療による変色などの場合でも歯を白くすることができます。

また、俗に「すきっ歯」と言われる歯と歯の間のすき間がある歯並びの場合、セラミックの形を調整することで、すき間を隠すことができます。

 

ラミネートベニアは、次のような流れで行なわれます。

 

① 虫歯などの治療、クリーニング
② 歯の表面を0・5mmほど削り、仮歯を装着
③ 型を取って、ラミネートベニアを製作
④ 仮歯をはずし、ラミネートベニアを接着

 

歯の表面を削り、型を取るために1回、ラミネートベニアを接着するために1回、計2回の来院で治療が終わり、短期間にできます。麻酔の必要もなく、痛みもありません。

 

 

ホワイトニングに興味のある方は、芝大門歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。詳細はこちらでどうぞ

歯の黄ばみの原因は、コーヒーやタバコ、加齢、抗生物質の副作用などです

歯が黄ばんでくる原因は、大きく4種類に分けられます。

一つ目は、タバコのヤニやコーヒー、紅茶のタンニンによるものです。

タバコのヤニで変色している歯は、誰が見ても美しい歯とは言えないでしょう。喫煙習慣が健康によくないことは医学的にもハッキリしているので、歯を白くする以前の問題として禁煙をおすすめします。

また、コーヒーや紅茶を毎日たくさん飲んでいる人も歯が黄ばんできます。コーヒーカップや湯のみ茶碗の内側は、スポンジなどできちんと洗わないと茶渋がついてしまうでしょう。同じように、歯にもタンニンの色素がついてしまうのです。こうした色素は、うがいや歯磨きでは落とせません。

二つ目は、薬剤の影響によるものです。

テトラサイクロンという抗生物質をお母さんが妊娠中に服用したり、永久歯が形成される子どもの時期に服用していると、大人になってから歯が変色してきます。重度になると濃い紫がかった色になってしまいます。

また、飲料水に過剰なフッ素が入っている地域では、フッ素の慢性中毒で歯の表面に白や茶褐色の斑点が出たり、帯状に白く濁ったりすることがあります。

 

三つ目は、過去の歯科治療が原因になっているものです。

奥歯のアマルガムの詰め物の成分が溶け出して黒ずんだり、歯の内部に金属の支柱を入れたことで変色する場合もあります。また、虫歯で歯髄を取り除いた歯は、血液も流れず死んでいる状態なので徐々に変色していきます。

 

四つ目は、加齢によるものです。
歯の表面を覆っているエナメル質は半透明の乳白色をしています。その内側にある象牙質はアイボリーホワイトで、半透明のエナメル質から透けて見えます。年齢と共に歯が黄ばんできた場合は、象牙質が厚くなって黄色味が強くなったと考えられます。

 

歯を白くすると言っても、黄ばんだ原因によって対処法が異なってきます。歯が変色する原因にも、いろいろあることを覚えておいていただければと思います。

 

 

ホワイトニングに興味のある方は、芝大門歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。詳細はこちらでどうぞ

デンタルクリーニングを行えば1時間ほどでキレイになります

コーヒーなどのお茶のタンニンが原因で変色している場合、歯科医院でデンタルクリーニングを行なえば、黄ばみが落ちて元の歯の色に戻ります。

 

デンタルクリーニングは、炭酸水素ナトリウムと水流洗浄機の水圧によって着色をきれいに落としてしまいます。、歯の裏側や歯と歯の間、歯と歯肉(歯茎)の間など、歯ブラシでは汚れを落とし切れない部分までキレイに清掃します。機械を使うので、歯の表面を傷つけることもありません。

 

1時間程度のクリーニングで、歯石や歯の着色を取り除き、自然な歯の色になります。虫歯や歯周病の予防にもなります。デンタルクリーニングは口の中の大掃除と考えてください。普段のブラッシングでは落とせないものを、専門家が機械を使ってクリーニングするのです。家の掃除も掃除機を毎日かけるだけでは、なかなかきれいになりません。暮れに天井や壁のすす払いなど大掃除をするとサッパリするのと同じです。

 

半年に1回の定期検診時にデンタルクリーニングもするとよいでしょう。こうした基本的管理をしっかり実行していると、いつまでも健康で美しい歯を維持することができます。クリーニングするだけで、ブリーチングなどで白くする必要がないかもしれません。虫歯や歯周病を放っておいて悪化させて治療するよりも、定期検診してクリーニングしていれば、結果的に時間もお金もかからず、痛い思いもしなくてすみます。

 

また、歯を白くするブリーチングをする場合も、前処理として必ずクリーニングします。お化粧する前に洗顔するのと同じです。歯のクリーニングは素肌美人になるためのスペシャルケアなのだと考えてください。

デンタルクリーニングをすると歯がツルツルになり、ほとんどの人が「口の中がサッパリして気分も爽やかになった」と喜んでくれます。デンタルクリーニングを楽しみに定期検診に来院される人も少なくありません。論より証拠、あなたもデンタルクリーニングを試してみてください!

 

 

ホワイトニングに興味のある方は、芝大門歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。詳細はこちらでどうぞ

おしゃれな女性たちが注目する審美歯科とは

最近、審美歯科という分野が注目を集めるようになりました。少し前までは一部の人だけにしか知られていませんでしたが、有名人が美しく変身した様子がマスコミで取り上げられるにつれて、次第に広く認知されるようになったようです。

とはいえ、審美歯科が実際にどういうものであるかは、まだまだ十分に理解されているとはいえません。興味はあっても、遠い世界の話のように感じている方もいらっしゃるでしょう。美しく整った白い歯には、誰しもあこがれます。輝くような歯をのぞかせた笑顔ほど、人を魅了するものはありません。

 

「私もそんな歯がほしい」と、鏡を見てため息をついていませんか。歯を気にしないで、人前で話ができますか。 思いきり口をあけて笑えますか。思い当たることがあったら、ぜひ公式サイトを読み進めてください。願いをかなえるための最初のステップとなるでしょう。

 

歯が変色している、過去に治療したところ目立つ、前歯の形や大きさが揃っていない、歯茎の黒ずみが気になるなど、悩みはさまざまです。生まれつきのものであっても、後天的なものでも、あきらめてはいけません。 審美歯科には、漂白剤を使ったブリーチングで歯を白くするほか、ラミネートベニアと呼ばれるごく薄い板状のものを張りつけたり、セラミッククラウンというクラウンを被せたりする治療法があります。

こうした方法によって、あこがれていた白い歯を手に入れることができるのです。長年抱えていた悩みを、自分自身の決断によって解消させるチャンスだと考えてはいかがでしょうか。

 

 

治療を受けることで、明るい未来への道が開け、無理だと思っていた夢がかなうかもしれません。
歯を美しくすることは、口元の問題だけではないからです。 歯が気になって何事にも消極的だった方が、治療を受けて自信をもち、明るく活発な性格になった例は数限りなくあります。
外見の変化が内面の変化につながり、その後の人生を変えるほどの影響をもたらしているのです。

 

 

ホワイトニングに興味のある方は、芝大門歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。詳細はこちらでどうぞ