コラム

ホワイトニング・審美歯科治療(港区・浜松町)の歯科・歯医者なら芝大門歯科クリニックにおまかせ

白い歯ブームから美しい口元を求める人が急増

少し前になりますが、「芸能人は歯が命」というキャッチコピーで話題になった歯磨きのCMがありました。
ほどなくして白い歯を求めるブームが起きたくらいですから、あのCMを見て「私も歯をもっと白くしたい」と思った方はたくさんいたはずです。それまで歯のことなどあまり意識していなかった方々が、「白い歯は美しい」とはっきりと気づくきっかけになったといっていいでしょう。

 

テレビや映画のスクリーンに登場する芸能人たちは、皆、歯に気を遣っています。美しく整った白い歯がルックスに大きく影響することを知っているからです。
今では一般の方々の間でも、口元の美しさは人の印象を決定づける大きな要素だという認識が広まっています。特におしゃれに余念のない女性たちにとって、歯をきれいに整えて美しさに磨きをかけることは大きなテーマとなりつつあります。
あこがれのスターの口元からのぞく輝くばかりの歯を眺めて、コンプレックスにさいなまれてはいないでしょうか。

 

 

審美歯科では、そんな悩みに答えるさまざまな治療を行っています。そもそも自然な美しさをもたらす治療を行うのが審美歯科なのです。
今はまだ「審美歯科って何?」と聞かれることもあります。この言葉自体は英語のEsthetic dentistry,またはCosmetic dentistryを訳したもの。以前から白い歯に高い価値を認めてきたアメリカで生まれた概念です。

アメリカ人は写真を撮影するときにも、とびきりの笑顔を見せます。まるで芸能人のようにきれいに口を開いた笑みを浮かべますが、それが自分のいちばん魅力的な表情だと知っているのです。
美しい笑顔の為には、美しい歯が必要不可欠。そして、輝くような歯がこぼれる美しい笑顔は、人間関係の円滑油となり、人生を豊かにしてくれます。

日本でも若い女性たちを中心に、歯の美しさに対する意識が高まってきているのは喜ばしいことです。なぜなら患者さんの意識の向上は、一般的な歯科治療のレベルの向上につながるからです。
歯科治療について基礎知識を身につけ、「歯を美しく治してほしい」という患者さんが多くなれば、海外で開発された最新技術を研究する歯科医も増え、その恩恵に浴する機会が増加するでしょう。
虫歯や歯周病についても、歯の機能回復とともに見た目の美しさまで考慮した治療が広まれば、金歯や銀場で悩む人は減るはずです。かつては不可能だったことが、技術の進歩とともに可能になっているのです。

 

 

歯の変色、治療した歯の金属の詰め物やクラウンで悩んでいる方には、それを解決する方法が現実にあることを、ぜひ知っていただきたいと思います。
この章では、歯を白くする方法、虫歯の治療跡をきれいにする方法など、審美歯科の最新治療をご紹介します。

 

 

ホワイトニングに興味のある方は、芝大門歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。詳細はこちらでどうぞ

白い歯には性格まで変える力があった!

服飾関係の会社のOLであるKさんは、治療を受ける前は引っ込み思案でした。
診察室でお会いしたときにまず印象に残ったのは、おずおずとした物腰。22歳という若さには地味すぎるスーツを着て、うつむいたまま自信がなさそうに受け答えをするのです。

Kさんの歯は、抗生物質の副作用で子供の頃から縞模様に変色していました。以前からずっと気になっていたところ、同僚から審美歯科で治療を受けて美しく変身した友達がいるという話を聞き、自分もそうなれるかもしれないと、思い切って訪ねてきたということでした。

そう話しながらも、Kさんはボソボソと口を動かすばかりで、顔の表情に生気が乏しかったことをよく覚えています。全体の様子から、根深いコンプレックスがうかがわれました。
このケースでは、ラミネートベニアを使いました。どのようなものかイメージがわかない方は、最近流行しているネイルアートのつけ爪を思い浮かべてみてください。歯の表面をごく薄く削って、うけ爪をはるようにラミネートベニアを張るのです。

 

治療を終えたKさんは、見違えるほどきれいになりました。白い歯が顔全体の印象を変えただけでなく、別人のように明るい笑顔をうかべるようになったのです。
治療前にはいつも下を向いていた彼女が、顔をしっかりと上げて、相手の目を見ながら、にこやかに話せるようになりました。

そして、これまで口数が少なかったことを忘れさせるくらい冗舌に、「生まれ変わったようだ」と心情を打ち明けてくれました。
かつての彼女は、歯が汚いと思われないかと気にするあまり、なるべく口を開けないように、歯が見えないように努めていたそうです。

そして、目立たないようにしているうちに、何に対しても引っ込み思案になり、友達も少なく、職場での対人関係もしっくりといっていなかったのです。

「こんなに変わるなら、もっと早くくればよかった」というKさん。今では、緊張せずに人と話ができるようになり、同僚たちとも気軽に雑談をして、心から笑えるようになったそうです。

友達と呼べる人が増えて、仕事帰りに食事をしたり、休みの日にショッピングに出かけたりすることが、何より楽しいとのこと。身につける服もすっかり変わり、おしゃれで活発な女性に変身しました。

 

今でも、定期健診に来られたときに、ふと以前の彼女の様子を思い出すことがあります。そのたびに、審美歯科が人に与える影響を目の当たりにして、治療に携わる者として襟を正し、真摯な姿勢で取り組み続けたいと考えています。

 

最近では、健康への意識が高まっていますが、健康診断で異常が見つからないからといって、問題が無いとはかぎりません。精神面の健康を考え合わせなければ、生き生きとした毎日を送ることはできないでしょう。
歯に関するコンプレックスが元で、本来の自分のよさを無意識に押さえつけてしまっている場合には、原因を取り除いて、内面から健康になることが大切なのです。

 

ホワイトニングに興味のある方は、芝大門歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。詳細はこちらでどうぞ

歯の色は個人差あり!変色の原因はさまざま

まず、はじめに歯の色について見ていきましょう。
「私の歯はもともと黄色い」と悩んでいる方は多いものです。
歯の色には個人差があって、肌の色が白かったり、浅黒かったりするように、生まれつきそれぞれ異なるからです。

「白い歯」というときに、理想とされるのは純白ではありません。透明感のあるアイボリーホワイトです。

歯の表面を覆っているエナメル質は、半透明の乳白色をしています。前歯の先のうすい部分に透明感があるのは、ここにはエナメル質しかないためです。
ほかの部分、ほかの歯ではエナメル質の内側にある象牙質がすりガラスのように透けて見えます。
歯の色に個人差があるのは、エナメル質の厚さや象牙質の色がそれぞれ異なるためです。
象牙質はアイボリーホワイトですが、黄色味が強くて、エナメル質が薄い場合は、それだけ歯は黄色っぽく見えます。
ただし、加齢とともに黄ばみは強くなります。ほかの原因がないのに、若い頃よりも黄色くなった場合は、年齢とともに象牙質が厚くなり、黄色味が強くなったためだと考えられます。

 

歯が出来上がる過程で、抗生物質の副作用などによって変色するケースもあります。日本人に多いのは、テトラサイクロンという抗生物質による変色。お母さんが妊娠中に服用したか、永久歯が形成される時期に服用した場合に、ある程度大きくなってから変色してきます。

重度では、かなり黒っぽく、濃い紫がかかった色になるので、深刻な悩みを引き起こすことになります。

歯が形成される時期にフッ素を過剰にとったために、エナメル質が変質することもあります。
飲み水にフッ素が多量に含まれている地域で育った場合などに、斑点状、帯状に白くにごったり、茶褐色の斑点が生じることがあるのです。

また、もともとの歯の色ではなく、表面の汚れが問題になっているケースもあります。正しいブラッシングをしなければ汚れがたまりますし、お茶、コーヒー、紅茶、赤ワインなどの飲み物やタバコが原因であることもあります。

さらに、過去の歯科治療が原因で変色するケースもあります。

虫歯が進行して歯髄を取った場合は、その歯は血液も通わない死んでしまった状態なので、少しずつ変色してきます。

奥歯のアマルガムの詰めものの成分が溶け出して黒ずんでしまう場合や、歯の内部に金属の支柱を入れたために変色する場合もあります。

 

このように、歯が変色する原因はさまざまです。ひと口に「歯を白くしたい」といっても、さまざまなケースがあると覚えておいてください。

審美歯科で歯を白くするには、それぞれの原因と現在の状態に応じた治療を行う必要があります。

 

ホワイトニングに興味のある方は、芝大門歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。詳細はこちらでどうぞ

現在の状況と希望するイメージを明確に

歯を白くしたい方には、いくつかの選択肢があります。変色した原因に加えて、歯がどの様な状態にあり、ご自身の希望はどういうものかをトータルに考え、歯科医と話し合ってベストな方法を選びましょう。

 

というのも、歯の悩みも希望も、人それぞれに違うからです。
悩みのタネは歯の変色だけではないかもしれません。変色に加えて、前歯の形や大きさが揃っていないとか、すき間が気になるといった方も多いでしょう。歯茎の色が黒ずんでいるという悩みもあります。
また、健康な歯なのか、虫歯の治療をした歯があるのかによっても、治療の仕方は違ってきます。

 

さらに、前歯だけでなく、口を開けたときに見える下の歯の治療跡をきれいにしたいというケースもあります。
歯の色さえきれいになれば、理想通りの口元になると考えている方のほうが少ないに違いありません。それだけに、専門知識と高度な技術とをもった歯科医に相談して、どこをどう変えたいのか話し合う必要があるのです。

 

口元が気になって、人前で話をするのが苦手という方は、ただ「きれいになりたい」というのではなく、どういうふうになりたいのかを、具体的にイメージしてみるといいでしょう。
そのためには、鏡の前で笑顔をつくってみて、気になる点を確認しておくことも役立ちます。写真を撮って、眺めてみるのも、いい方法です。

 

コンプレックスが強いと、気づかないうちに笑うことを忘れているかもしれません。笑顔をつくろうとしても自然な表情が浮かべられない場合は、それだけ問題は深刻。悩みを解決して、魅力あふれる笑顔を取り戻していただきたいものです。
前歯六本がはっきりと見える笑顔を浮かべてみると、気になる点が浮かび上がってくるはずです。

 

一本だけ色が違っているとか、上の歯の先端ラインが揃っていないとか、歯の歯茎が見えすぎるうえに黒ずんでいるとか、感じたことをメモして、カウンセリングに持参するのも一つの手です。
また、口元だけでなく、顔全体、さらには全身とのバランスも考えてみましょう。
歯を白くする場合は、肌や髪の色との相性を考えることも大切です。顔の中で歯があまりに小さく見えて、幼い感じがすることもあります。

 

口元はその人のイメージを大きく決定付けるので、歯だけを見るのでなく、全体の中で考えるべきなのです。
さらに、笑顔だけでなく、話をするときに見える下の歯の奥歯などに気になるところがないかどうかもチェックして見ましょう。

 

誤解のないようにお願いしたいのですが、必ずしも口の中すべてを大々的に治療する必要はありません。今の状況をしっかりと把握しておけば、どこを優先してきれいにするかが自然と見えてくるということです。

 

周りの人から「何も問題ない」といわれるけれど、もっときれいに治したいという方もいらっしゃるでしょう。
そういう悩みは、どんなに「気にすることはない」といわれたところで消えるものではありません。
治療をすることで、自信がつけば、明るく前向きに過ごせるようになるでしょう。コンプレックスは心の健康と密接にかかわりあっているからです。

 

ホワイトニングに興味のある方は、芝大門歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。詳細はこちらでどうぞ

ブリーチングは歯を白くする最初のステップ

クリーニングで表面の汚れを落としただけでは望みどおりの白さにならない場合や、もともとの歯の色より白くしたい場合は、ほかの方法を考えます。

 

なかでも第一候補になるのが、ブリーチング。歯を漂白する方法です。
ブリーチングは、変色した歯を白くする最初のステップと捉えてください。次に考慮する方法がラミネートベニア、その次がセラミッククラウンです。ここではブリーチングから1つずつ説明していきます。

 

ブリーチングが最初のステップとなる理由は、歯を削ることもなく、麻酔も必要ないので患者さんの負担が少なくて済み、歯周組織への影響もないからです。
さらに、ほかの方法よりも経済的である点も挙げられます。歯科医院で行うブリーチングでは、一般的に数年間は効果が続きます。

 

日本ではまだまだ「歯を白くするブリーチングなんて聞いたこともない」という人がいますが、アメリカではホワイトニングとも呼ばれ、美しい口元をつくるポピュラーな方法となっています。
とはいえ、今のように普及するようになったのは、1991年に「ハイライト」という製品が発表されてからのこと。以前は濃度の高い過酸化水素水を塗り、大きなランプで光熱をあてていましたが、時間も手間もかかるうえ、患者さんに相当な我慢をしいるため、あまり評判がよくなかったのです。

 

そこで、薬剤の改良が進められ、光熱を使わずに化学的に活性化し、効率よく、安全に漂白できる新しい製品が開発されました。以前と比べて10分の1から20分の1の時間で、高い効果が得られるのです。
この「ハイライト」は、1998年に歯の漂白剤として日本で初めて厚生省の認可を受けています。

 

どんなものかイメージがわかない方は、髪の脱色を考えてみるといいでしょう。かつては消毒用のオキシドールを髪につけて脱色する若者たちがいましたが、あのオキシドールとはごく薄い過酸化水素水。歯のブリーチングでも過酸化水素の働きを利用して、漂白を行うのです。

 

ホワイトニングに興味のある方は、芝大門歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。詳細はこちらでどうぞ