トップへ » 治療方針 » インプラント » 天然の歯に一番近い人工歯~インプラント

天然の歯に一番近い人工歯~インプラント

インプラント001インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を固定する最先端技術のことです。

見た目も美しく、天然の歯と同じように噛めるため、「第2の永久歯」と呼ばれています。
「どうしても入れ歯にしたくない」「天然の歯と同じような歯を取り戻したい」
という方、ぜひ、インプラント治療をオススメします。

※「入れ歯がずれる、動く」などの症状でお悩みの方には、「ミニインプラント」といわれる治療も行っております。

ミニインプラントとは、小さなチタン製のネジ状のものをあごの骨に固定し、入れ歯を固定する装置です。このチタンに入れ歯を固定するため、入れ歯が動くことがありません。短時間の簡単な手術なので、治療後すぐに食事をすることができます。


*インプラント治療は健康保険の対象とはなりませんが、医療費控除の対象となります。


トップへ » 治療方針 » インプラント » 天然の歯に一番近い人工歯~インプラント


予約システムへ