トップへ » 痛みの少ない麻酔について

痛みの少ない麻酔について

歯科治療においてよく用いるのが局所麻酔です。
麻酔をされる際、痛みがない方が良いのは、誰もが望まれていると思います。。
当院では、痛みの少ない方法にて麻酔を行っています。

1.炎症のある状態にて麻酔を行わない。
ズキズキする痛みがあるときなど、痛みがある、炎症がある際に麻酔を行うと
痛みが起こりやすいです。
この場合は、鎮痛剤、抗生剤を用いて一度炎症を緩和してから治療をしていきましょう。
2.表面麻酔を行う。
局所麻酔に先立ち表面麻酔をおこないます。当院では、唾液により流れにくいとされる ジェルタイプを用いています。
3.細い針を用いる
痛みを和らげるため、33Gという歯科で用いるものでは一番細い針を用いています。
4.麻酔の際のテクニック
痛みが出にくいように工夫した方法を用いています。
5.麻酔液の注入速度
麻酔をする際、ゆっくりと行っています。麻酔の時間が長く感じるかもしれませんが、
痛みを緩和するためには、注入速度は十分に注意が必要になります。
6.電動注射器による麻酔
当院では、電動注射器の用意もあります。

以上の方法を用いて麻酔を行っています。
麻酔が心配な方は、おっしゃってください。要望をお聞きした上で考慮した麻酔を行います。


トップへ » 痛みの少ない麻酔について


予約システムへ