トップへ » 歯がしみる?それは知覚過敏かも!

歯がしみる?それは知覚過敏かも!

皆さんは「知覚過敏」って聞いたことがあるでしょうか。

 むし歯でもないのに歯がしみて痛い、という症状の多くが知覚過敏です。

 冷たいアイスやカキ氷、あるいは酸味の強いミカンなどを食べるとスキンとしみる、また歯ブラシの毛先が触れると痛んでお困りの方は、知覚過敏かもしれません。
 
 いったいどこがしみてるの?
 知覚過敏は、正式には象牙質知覚過敏と呼ばれます。

 歯は、頭の部分はエナメル質という非常の固い素材に覆われ、中は象牙質、そして神経(歯髄)が通っています。ところが根の表面にはエナメル質がないため、根がハグキから露出すると象牙質に様々な刺激が直接伝わり、それが歯の神経まで届いてしみるのです。

 象牙質には、無数の小さな穴があいており、これ(象牙細管)が刺激の伝達に関わっています。
 

 知覚過敏の原因は?
 知覚過敏の原因は様々です。
 歯根の表面が露出していても、知覚過敏が必ずおこるわけではありません。上述の象牙細管の穴が自然とふさがって刺激を伝えにくくなればしみません。
 ところが、次のような場合は、知覚過敏をおこしやすくなります。

 1)露出した歯根がプラークで汚れている
  ⇒プラークの中の細菌が出す刺激物質でしみる!

 2)露出した歯根をハブラシで強く磨く、あるいは歯磨き粉の研磨剤で傷付ける
  ⇒常に象牙細管の穴があいたままになって、刺激が伝わりやすくなりしみる!
    あるいは、歯根が削られて歯の神経までの距離が近くなってしみる!

 3)歯ぎしりやくいしばりで過剰な力がかかって、歯根の表面が割れる、はがれる
  ⇒くさび状に歯根がくびれて、刺激が伝わりやすくなってしみる!

 しみなくなるために!
 知覚過敏の治療は、原因をできるだけなくして刺激を伝えにくくすることです。
 軽症から重症まで、段階をおって治療法がいくつかあります。まずはご自身でできる軽症対応の治療法から始めてみてください。ただし、自己流のハミガキやハミガキ剤選びが間違っている危険性がありますので、歯科医院でアドバイスをうけてからお試しください。
 なお、歯ぎしりやくいしばりがある方は、それが知覚過敏と関連しているかを確認する必要があるため一度来院することをおすすめします。必要に応じて歯ぎしり防止のナイトガードや、くいしばり防止トレーニングを併用します。

1(軽症):丁寧にハミガキ
 毛先が柔らかめのハブラシで、露出した歯根の表面についたプラークを丁寧に落とす。つまり、ハミガキです。

2(軽症):知覚過敏防止ハミガキ剤を使う★
 ハミガキしたくても、毛先が触れてしみるのでうまく出来ない方には、知覚過敏の症状を抑えるハミガキ剤の利用をお勧めします。

 歯根の表面にあいた象牙細管の穴をふさいで刺激が伝わりにくくなる成分が含まれていますので、これを使いながら柔らかめのブラシでそっと磨くようにすると、1~2週間で症状が改善することがあります。

 なお、効果はゆっくりですが、フッ素を利用して歯根の石灰化を促進して症状の軽減を期待することもあります。

3(やや重症):歯根の表面をコーティング
 ハミガキ剤でもしみるのが治まらない時は、露出した歯根の表面に一層の膜を貼って刺激を伝えにくくします。
 これば長期間の耐久性はありませんが、丁寧にハミガキしているうちに象牙細管の穴がふさがってしみなくなることが期待できます。

 また、見た目を気にしない場所の知覚過敏には、サホライドという塗り薬を使うことで症状を和らげることができます。奥歯の歯根などに用います。
 レーザーを照射して症状を緩和させる方法もあります。

4(ちょっと重症):歯根のくびれを埋める
 歯根のくびれが大きい場合は、歯と同じ色をしたセメントやレジンという材料で埋めて刺激を遮断する治療を行います。

5(重症):歯の神経をとってしみなくする
 上記の4までしても症状が全く改善しない場合は、最後の手段として歯の神経をとってしみなくします。
 
 歯がしみておいしく食事ができないのはつらいことですよね。
 放って置くと症状がひどくなる場合がありますので、気が付いたらぜひ一度歯科医院でご相談ください。ほんの少しの心配りでしみない快適なお口になれるかもしれません。


トップへ » 歯がしみる?それは知覚過敏かも!


予約システムへ