«  2017年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2014年2月28日

 口臭の原因は80%以上が口の中にあると言われています。

口臭の種類は大きく4つに分けられます。
①生理的口臭
起床時、空腹時、緊張時などに唾液が減少し、細菌が増えることによって発生します。
②外因的口臭
タバコやニオイの強い食べ物によって発生します。
③病的口臭
歯周病や進行した虫歯など口の中に由来するもの、呼吸器や消化器など全身の疾患に由来するものがあります。
④心因的口臭
本人だけが口臭があると思い込んでしまいます。

口臭の主な原因成分は揮発性硫黄化合物であると考えられています。
揮発性硫黄化合物は主に3種類のガスから成り立っています。
・硫化水素
舌の舌苔から産生され、卵が腐ったようなニオイがします。
口腔内が健康な人の口臭の主な原因物質です。

・メチルメルカプタン
歯周病により口腔内の環境が変わり、舌や口腔粘膜から産生されます。
タマネギが腐ったようなニオイがします。

・ジメチルサルファイド
メチルメルカプタンのメチル化によって発生します。
キャベツが腐ったようなニオイがします。

この様に口臭の原因は人それぞれ違い、適切な改善方法も違ってきます。
口臭が気になられている方は一度ご来院されてみてはいかがでしょうか。

http://www.shiba-sdc.com/

2014年1月31日

 酸蝕症という疾患をご存知でしょうか。

酸蝕症とは酸によって歯が溶かされてしまう疾患です。
原因となる酸は清涼飲料水、拒食症や逆流性食道炎などによる嘔吐、健康増進のための酢やクエン酸の日常的な摂取、塩酸や硫酸などを扱う工場での労働など様々な因子が挙げられます。

虫歯も酸によって歯が溶かされてしまいますが、虫歯との違いは細菌の関与の有無です。
虫歯はプラークという細菌の塊がくっつきやすい場所にできますが、酸蝕は口の中全体に酸が広がるため、広範囲に渡って発症します。
しかし溶ける範囲が広く浅いため、なかなか気付きにくいものです。
また症状も虫歯と違い痛みが出ることはありません。
歯の表面が徐々に溶けていくので知覚過敏の症状が出ることがあります。

治療方法は進行度合いによって変わってきますが、軽度であれば知覚過敏に対する処置、溶けてしまった範囲が大きければ被せ物を入れたり、全ての歯が障害されてしまっている場合は治療が非常に困難になってしまいます。

日常的に酸を多く摂取していたり、職業的に酸を取り扱っている方、嘔吐を繰り返しやすい方などはスタッフに相談されてはいかがでしょうか。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年12月27日

 皆さんは歯周病のケアにはどのような歯磨き粉をお使いでしょうか。

当クリニックではLIONのSystema SP-T GELという製品を取り扱っております。

このSP-T GELには以下のような特徴があります。
・殺菌成分IPMPが細菌の層であるバイオフィルムの内部まで浸透し、殺菌します。
・ε-ACAが歯肉の炎症を抑えます。
・ビタミンEが血行を促進して歯肉を活性化します。
・フッ化ナトリウムが再石灰化を促進し、虫歯の発生と進行を防ぎます。

また、普通の歯磨き粉としてだけではなく、マウスピースの中に入れて使うことで効果をより高めることができます。

歯周病のケアはご自身によるケアと歯科医院で受けるケアの両方のバランスが重要です。

SP-T GELに興味がある方はもちろん、歯周病のケアをどの様に行っていけば良いのかお悩みの方はお気軽にスタッフにご相談下さい。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年11月29日

「冷たいものがしみる」「歯ブラシの毛先が触れると痛い」こんな症状は知覚過敏症かも知れません。

知覚過敏症の原因は、①間違った歯みがき方法②歯肉炎や歯周病③噛み合わせなどです。これらの影響により、歯の表面を覆っているエナメル質が傷付き、内面にある象牙質(神経に近く、外からの刺激に敏感な部分)が露出してしまうのです。

象牙質の露出を放っておくと、そこから虫歯になったり、神経を取らなくてはいけないほど痛みが出る可能性がありますので注意が必要です。

治療法は、しみ止め薬の塗布や、象牙質表面をコーティングすることで症状が改善しますよ。また、適切な歯みがき方法の指導や、噛み合わせのチェック、歯肉炎や歯周病の治療も一緒に進めることで再発防止を目指します。

知覚過敏症かな?と気になりましたら、是非ご相談下さい。あなたに合った治療法を提案致します。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年10月29日

 グルタミン酸という物質をご存知でしょうか。

グルタミン酸というのはうま味成分の一つで、昆布や野菜、緑茶などに含まれています。

このグルタミン酸は唾液の分泌を促進する作用があり、摂取することでドライマウスの改善や予防に繋がります。
また、唾液が多く分泌されることによって他の味物質が唾液に溶けやすくなり、味覚を改善することができます。

ではどのように取り入れればよいのかというと、グルタミン酸やうま味成分は日本人としては非常に馴染みの深い、出汁をとる物に多く含まれているため、出汁のきいた物を食べるようにしたり、昆布茶や緑茶を日常的に飲むようにするという方法もあるかと思います。

最近、味が感じにくい、口の中が乾きやすいと感じる方は試してみるのはいかがでしょうか。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年9月25日

 ドライマウスとは、文字通り口の中が乾いてしまう症状です。

これはおもに唾液の分泌不足によって発生するもので、虫歯や口臭の原因になるといわれています。

ドライマウスの改善のためには、食べ物を良く噛んで、唾液の分泌を良くすることが大切です。キシリトールのガムなどを噛むのをお勧めします。

また口呼吸の改善も欠かせません。無意識にやってしまうことが多いだけに、ご自身で意識的に鼻から呼吸するよう心がけると良いですね。

その他、こまめな水分補給や口の中を潤す専用のジェルを使用するのも良いですね。

このような対策を日ごろから意識することでドライマウスを改善することができますよ。口臭に悩まされている人にもお勧めしたい方法です。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年8月26日

 歯ブラシにも色々種類がありますが、皆さんはどのような歯ブラシをお使いでしょうか。

歯周病のケアに最も適している歯ブラシは、ヘッドが小さく毛が柔らかいものです。

これは、歯周病の原因である菌の溜まりやすい歯周ポケットを磨き残しなく、また傷つけず磨けるからです。

また、歯周病には歯周病専用の磨き方があります。

しっかり磨いているはずなのに歯肉からの出血が止まらない方や、歯肉が腫れぼったい方など、何か気になることがありましたら、スタッフまでお気軽にご相談下さい。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年7月29日

 今月より、新しい受付として小泉愛さんが当院に就任致しました。

見た目にも可愛らしく、とても穏やかで優しい性格です。

ご予約の状況や、診療室では言いにくい事など、お気軽にお声かけ下さい。

親切、丁寧に対応してくれますよ。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年6月28日

 ジメジメした梅雨の時期がやってきましたね。少しでも爽やかに過ごしていきたいものです。

さて、今回のテーマは親知らずについてです。

日本人に最も多い親知らず(特に下の歯)の萌え方は、頭を横向きにして萌えてくる状態です。横向きに萌えてくると、手前の歯を押して痛みが出たり、親知らず周囲の歯茎が炎症(智歯周囲炎)を起こすなど、様々な問題を生じることがあります。

痛み止めと抗生剤で、症状を緩和することは出来ますが、また痛みが出てくる可能性がありますので、痛みや腫れを繰り返すようであれば抜歯が必要となります。また、手前の歯を押している場合は、歯並びに悪影響を及ぼすこともあります。

親知らずについてご相談やご質問がありましたら、お気軽にお声かけ下さい。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年5月20日

 5月より新しく、久保賢仁(クボタカヒト)先生が当クリニックに就任致しました。

小児歯科、一般歯科、口腔外科と幅広い知識と技術を持っており、とても優しい先生です。

歯医者が苦手な方や、お口の中にお悩みをお持ちの方など、お気軽にご相談ください。
丁寧な説明で的確な治療方針を提案してくれますよ。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年4月 8日

 みなさんこんにちは。

4月1日付で当院に新しく野崎彩衛生士が就任致しました。

とても優しく勉強熱心な衛生士ですので、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

歯磨き方法やホワイトニングなど、患者様一人一人に合った提案をしてくれますよ。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年3月25日

 デンタルケアで欠かせないのが歯磨きの道具である歯ブラシです。

現在では手用歯ブラシに加えて音波歯ブラシもドラッグストアなどで手軽に買い求めることが出来るようになりましたね。

音波歯ブラシは手用歯ブラシと比べてグリップ(持ち手部分)が大きく、使用時は振動もあるため扱いにくいという意見もありますが、歯のツルツル感や歯垢の取れるスピード、歯茎のマッサージによる歯茎の引き締め効果などが高く評価されています。

また矯正治療中の方は、複雑な装置の隙間に汚れが残りやすく、音波ブラシを使用することで磨き残しが減ったという声も頂きますよ。

当クリニックではさまざまな歯科治療に関する情報を発信しています。ご質問やご相談がありましたらお気軽にお声かけ下さい。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年2月26日

 ラミネートベニアとは、歯の表面を少し削ってそこに薄いセラミックのシェル(付けツメのようなもの)を貼り付ける治療法です。

前歯の変色や、軽度の出っ歯、すきっ歯、悪い歯並び、前歯の詰め物が気になる方にオススメですね。

オールセラミックなどの被せ物よりも、歯を削る量が少ないのが利点です。

短期間で思い通りの白さにすることが出来ますが、少なからず健康な歯を削る治療法ですので、何か分からないことがあればご遠慮なくご相談頂ければと思います。

http://www.shiba-sdc.com/

2013年1月23日

 先日の大雪は大丈夫でしたか。都心でもあっという間に銀世界になりました。

雪で気を付けたいのが、路面凍結による転倒です。1,000人以上の方が転倒して怪我をしてしまったとニュースで聞きました。

そこで、今回は転倒によって歯が抜けた時の対処法や注意点をお伝えします。

怪我などにより歯が抜けることを脱臼と言います。歯が脱臼した時は、まず歯が汚れていないかチェックしてください。土や汚れが付いている時はそーっと汚れを落として下さい。

ポイントは優しくそーっとです!

なぜなら、歯の根には歯根膜という大事な膜が付いています。この膜が歯と歯を支える骨との間にあり、歯に栄養を与えたり、クッションの役割をしています。ゴシゴシと歯の根を拭くと、歯根膜を傷付けてしまい、歯を元の位置に戻してもくっつかなくなってしまうのです。

もう一つ気を付けることは、歯を乾燥させないことです。歯も生き物です。歯根膜が乾燥し、やはり歯がつきにくくなります。

乾燥を防ぎ、かつ歯根膜にも優しいもは身近にあるものではコンタクトレンズの消毒液や牛乳です。アルコールや傷口に塗る消毒液は避けてください。

脱臼した歯を容器に入れ、急いで歯医者さんに行きましょう。

上記の物がないようであれば、水道水でも大丈夫です。抜けた歯を口の中に入れ乾燥を防ぐのも適切な方法です。(子供の時は誤って飲み込まないように注意が必要です。)

適切な対処をすることで、歯を失う可能性を減らすことが出来ます。
今まで大切にしてきた歯をずーっと大切にしていきたいものです。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年12月10日

口臭の原因は、体調不良や薬剤による影響もありますが、約9割は口の中にあると言われています。具体的には虫歯、歯周病、舌苔、プラーク、歯石、義歯(入れ歯)の清掃不良などですね。特に舌の汚れは口臭に影響し、舌の表面に付着する白い苔のようなものがそれです。

ご自身が行う口臭ケアとしては、まず歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなどを使ってすみずみまで丁寧に磨いて下さい。また、舌ブラシなどを使って舌苔を除去するのも効果的です。義歯(入れ歯)を使用している方は、義歯の清掃を行いましょう。

専門的なケアとしては、歯周病やむし歯の治療を受け、定期的に歯科健診や自分の口の中にあった適切な清掃法の指導を受けることが大切です。また、定期健診の際には、PMTC(専門的歯面清掃)や歯石除去を行いましょう。

口臭やお口の中の清掃状態が気になりましたら是非ご相談ください。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年10月22日

 最近、歯周病と糖尿病の関連性が注目されていますね。

糖尿病が進行し高血糖状態が続くと、体の中の防御反応が低下して感染症にかかりやすくなります。歯周病も細菌感染を原因とする感染症の1つです。そのため、糖尿病の人は健康な人と比べ、歯周病にかかる確率が2倍以上高く、また重症化しやすいと言われていますね。

さらに、歯周病の悪化は血糖値の上昇に繋がり、糖尿病が悪化するという悪循環に陥ります。

当医院では、歯周病の治療とメインテナンスが、糖尿病の血糖コントロール改善に役立つとの考えのもと、糖尿病の方はもちろん、健康な方に対しても歯周病治療および定期的なメインテナンスをお勧めしています。

ご相談、ご質問がありましたらお気軽にお声掛けください。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年9月18日

 口内炎の原因は、「口の中を傷付けてしまった。」などの物理的刺激の他に、歯磨き不足による細菌の繁殖、疲労、ビタミン不足などが挙げられます。

口内炎の予防のために大切なことは、口の中を傷付けないように適切なブラッシングを行い、口の中を清潔に保つこと。また、ビタミン不足にならないように栄養バランスのよい食事を摂り体調を整えることです。

一般的に口内炎は10日から2週間程度で治ります。当院では、塗り薬や貼り薬の処方を行っております。口内炎かな?と気になりましたら、是非ご相談ください。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年8月13日

 キシリトールは天然素材の甘味料ですが、砂糖とは違って虫歯の原因である酸を発生しません。

キシリトールを長期にわたって使用することで、ミュータンス菌の繁殖が弱まり、砂糖からも酸を作りにくくさせる事が可能です。また、キシリトール入りガムを噛むことで、唾液の分泌が促進され、歯の再石灰化を活発にすると言われていますね。

食事の後と寝る前にキシリトール入りガムを噛むと、これらの効果が得られやすいです。

虫歯予防のためにキシリトール入りガムを試してみてはいかがですか。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年7月19日

 毎日使う歯ブラシ。磨き残しは少しでも減らしたいですよね。歯ブラシの交換の目安は、およそ1ヶ月です。毛先が開いた歯ブラシでは、どんなに正しくブラッシングしても、プラーク(歯こう)を取りきれていません。また、開いてしまった毛先が、歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。

歯ブラシを後ろから見て、毛先がヘッドの台座よりはみ出して見えるようになると交換のサインです。1ヶ月もたたないうちに毛先が開いてしまう場合、ブラッシングに力を入れ過ぎているかもしれません。軽い力で、細かく動かすことでプラーク(歯こう)を除去しましょう。

歯ブラシの選び方や磨き方がわからない時は、お気軽にご相談ください。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年6月12日

 口元の印象は白い歯だけではなく、歯肉の色も重要なポイント。歯肉も肌の色と同様に個人差があり、ピンク色の方もいれば黒っぽい色の方もいらっしゃいますね。

歯肉が黒っぽく見えてしまう原因はいくつかありますが、喫煙やカフェインなどの外部からの刺激によりメラニン色素が沈着している場合、お薬を塗ることで歯肉のメラニン除去を行えます。

通常、1回から2回の施術を行い、2週間後には本来の歯肉の色であるピンク色が取り戻せますよ。表面麻酔を行いますのでほとんど痛みもありません。施術時間は15分程度です。

歯肉の色が気になりましたら是非スタッフまでご相談ください。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年5月14日

 歯磨きをすると歯ぐきから血が出ることや、歯ぐきが赤く腫れぼったいことはありませんか?それは歯周病のサインかもしれません。初期の歯周病は痛みを感じないままに進行していきます。

歯周病は歯周病菌が原因です。歯の表面に汚れ(歯垢など)が付き時間が経つと、その中の歯周病菌が増殖し、歯の周りにある歯周組織や骨を破壊してしまうのです。

歯周病菌はお口の中から完全になくすことはできません。大切なことは歯周病菌をコントロールし、歯周病への抵抗力を強めること。毎日の歯磨きや定期健診による清掃を行い、歯周病菌のコントロールをしましょう。

当院では、患者様ご自身に合った正しい歯ブラシ方法を提案いたします。気軽にご相談ください。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年4月 4日

最近、歯ぎしりやくいしばりを自覚して来院される患者様が増えています。

歯ぎしりやくいしばりは別名「ブラキシズム(口腔内悪習慣)」と呼ばれ、歯の摩耗や破折、時には歯周病を悪化させる原因になることもあります。また、顎の関節が痛んだり口が開きにくくなる方もいらっしゃいますね。

このような症状を予防する方法として使用するのがマウスピースです。マウスピースを装着することで歯や顎にかかる過剰な力を軽減してくれます。

歯ぎしりやくいしばりが気になりましたら是非お気軽にご相談くださいね。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年3月21日

今月より衛生士の吉村房子さんが当クリニックに就任致しました。一人ひとりの患者さんに合った歯ブラシ方法やホワイトニングの相談など優しく親切に答えてくれますよ。歯をピカピカに磨くPMTCや、着色を取るクリーニングも専門分野となっています。お口の汚れや黄ばみが気になる方は、是非ご相談下さい。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年2月27日

 マウスピース矯正とは、ブラケットやワイヤーを使わずに、取り外し式の透明なマウスピースを使用する矯正方法です。透明なマウスピースは治療中も目立たず、違和感や痛みが少ないなどのメリットがあります。この矯正方法は、歯を抜かなくても済むような比較的簡単なケースが適用となります。

当医院では、まず始めにレントゲン写真や歯型を取り、目的の歯並びまでどのくらいの期間がかかるのか診断をします。治療は、1度に1ヶ月分のマウスピース(3種類)をお渡ししますので、約10日ごとにマウスピースを交換しながら一日17時間以上装着していただき、歯を徐々に移動させていきます。

1ヶ月に0.5から1.0ミリ程度歯を動かすことが出来ますよ。マウスピースの装着を忘れてしまうと歯が動きませんので、患者様ご自身の管理がとても大切な治療方法です。

マウスピース矯正は治療中でも虫歯の治療を進めることが出来ます。また、マウスピースを利用してホームホワイトニングを行うことも可能ですよ。ご興味のある方はぜひご相談ください。

http://www.shiba-sdc.com/

2012年1月18日

「冷たいものがしみる」「歯ブラシの毛先が触れると痛い」こんな症状は知覚過敏症かも知れません。知覚過敏症の原因は、①間違った歯みがき方法②歯肉炎や歯周病③噛み合わせなどです。これらの影響により、歯の表面を覆っているエナメル質が傷付き、内面にある象牙質(神経に近く、外からの刺激に敏感な部分)が露出してしまうのです。象牙質の露出を放っておくと、そこから虫歯になったり、神経を取らなくてはいけないほど痛みが出る可能性がありますので注意が必要です。治療法は、しみ止め薬の塗布や、象牙質表面をコーティングすることで症状が改善しますよ。また、適切な歯みがき方法の指導や、噛み合わせのチェック、歯肉炎や歯周病の治療も一緒に進めることで再発防止を目指します。知覚過敏症かな?と気になりましたら、是非ご相談下さい。あなたに合った治療法を提案致します。

2011年12月26日

 最近、白くてきれいな歯の方がどんどん増えてきていますね。実際に白くてきれいな歯は笑顔に自信を与え、一緒にいる人も楽しい気持ちにしてくれます。口元を気にしないで堂々と笑えることは、ストレス解消にもつながり生活を豊かにしてくれますよ。ホワイトニングは、ご自宅で行う方法や診療所で行う方法、またホワイトニング薬剤の濃度により効果に違いがあります。当院ではお客様ひとりひとりに合ったホワイトニング方法を提案いたしております。今年も残りわずか。芝大門歯科クリニックは年末12月29日までご予約を承っております。初めての方はもちろん、以前ホワイトニングをしたことがあるけれどもう一度やりたいとお考えの方も是非ご相談ください。

2011年12月 2日

 毎日しっかり歯磨きしているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所が出来てしまいます。この部分の汚れを落とすプロによるお口のお掃除をP.M.T.C.と言います。普段の歯磨きでは、歯と歯ぐきの境目に歯ブラシでは落とすことが難しい汚れが残ってしまします。この汚れを放っておくと、むし歯や歯周病、口臭等の原因となってしまいます。P.M.T.C.は歯石の除去とは違い、柔らかい特殊な器具を使うので痛みもありませんし、ツルツルでピカピカに磨き上げたお口の中は、とても爽やかになりますよ。3~4カ月に1度行うことで非常に効果的にむし歯や歯周病を予防することが出来ます。お口の中の汚れやネバつきが気になる方はぜひお試しください。

2011年11月10日

11月より新しく竹内巧(たけうちたくみ)先生が当クリニックに就任致しました。経験豊富でとても優しい先生ですので、歯医者が苦手な方や、お口の中にお悩みをお持ちの方など、お気軽に相談にいらして下さい。丁寧な説明で的確な治療方針を提案してくれますよ。

2011年10月21日

 虫歯は早期発見が大切です。当院では、虫歯の有無や大きさを「ダイアグノデント ペン」というペン型の虫歯検出装置を使い検査しています。ダイアグノデントペンは、ペン先から出るレーザーにより虫歯を検出して数値化する最新の機器です。歯にペン先を当てるだけで虫歯を検出しますのでもちろん痛みはありません。レントゲンや視診・触診では見逃してしまう初期虫歯の発見にとても威力を発揮します。歯と歯の間の隠れた虫歯も見つけることができますよ。

 また初期虫歯は定期的に測定することによってその数値を記録し、数値が上がっていれば虫歯を削って治す必要があることをご説明し、数値が変化なしや下がっている場合はこの先も虫歯が進行しないようPMTC(フッ素を使ったプロによるお口のお掃除)を提案するなど患者様ひとりひとりに合った治療計画を提案させていただきます。

 虫歯や歯ぐきの状態は「口腔内カメラ」を用いて撮影し、画像を見ながらわかりやすく説明しておりますので、お口の中で気になることがある場合や,虫歯になっていないか検査をしてみたいとお考えの方はぜひ一度相談にいらしてみてください。

2011年9月26日

 当院では主に「ストローマンインプラント」と「アストラテックインプラント」の2種類のインプラントシステムを採用しています。これら2種類のインプラントは世界的にもメージャーで、実績もあり、5大インプラントに数えられています。特徴としてはストローマンインプラントは現在のインプラントの表面性状であるラフサーフェス(粗い表面)の先駆けであり、ブラスト処理と酸処理を施すことによりインプラントと骨との接合を強化させ、治癒期間を早めることを目的に開発されました。また、インプラント体が短く、日本人に向いているインプラントとされています。また、術式もシンプルで多くの医療機関で使用されています。最近ではボーンレベルインプラントというストローマンの新しいラインナップが増え、審美部位に有利なシステムも登場しました。もうひとつのアストラテックインプラントはタイオブラストという処理がなされた、審美部位にとても有用なインプラントです。よく計算された生体力学的な相互作用とともに骨にとって最適な状態を確実なものとし、かかる荷重の良好な分配、微小動揺、微小漏洩がなく、辺縁骨の保存に強いインプラントです。最近では長年本邦では未承認であったオッセオスピードというアストラテックの新しいラインナップも登場したばかりです。ヨーロッパに遅れること10年ですからやっと使用できるんだという喜びもあり、きっと患者様にとって利益のあるものになると確信しております。このようにインプラントもなんでもよいという訳ではなく、実績のあるものが安心といえますし、新しいラインナップが次々と登場し、日々進化を継げているため、使用する我々も日々情報を更新し、患者様に最良な治療をご提供できるよう努力して参ります。当院でインプラント治療をお考えの方は、こういったシステムに関してもなんでもご相談して下さいね。

2011年9月 5日

 今回はインプラントの種類についてお話致します。現在インプラントの市場は日々拡大しており、世界レベルでは数百ものメーカーがあり、数多くのインプラントシステムが存在しています。本邦におきましても30種類以上のシステムが存在しております(薬事法の認可を受けているもの)。勿論それにより症例の選択肢も増え、より細かな種類、サイズの選択などが可能になった半面、例えば他院でお受けになったインプラントに何らかの問題が生じ、前医に色々な事情でご通院できなくなった場合などに、他の担当医が治療に介入せざるを得なくなることもあります。その場合システムの把握、対応等に苦慮する場合もあります。われわれも種々の研修会、学会などで多くのシステムを把握する努力はしておりますが、全てをカバーするのは現時点では不可能です。ですので「長期的な臨床データに裏付けられたシステムを使用していること」、「より広く普及しているものを使用していること」、「どの医院でも対応しやすいものを使用していること」などもインプラント治療をお受けになる際の選択の一つにいれてみてはいかがでしょうか。

2011年8月23日

 今回は重度の歯周病・虫歯や、ケガなどによる歯の破折など様々な要因によって不幸にして歯を失われた場合、どのような治療方法があり、またどのようなメリット・デメリットがあるのかについてお話させて頂きます。よく「さし歯」と混同される場合が多いのですが、「さし歯」」はあくまでご自身の歯(根の部分)が残っている場合に適用される治療法ですので、紛らわしいですが、根から完全に歯を喪失された場合のお話となります。
 保険適用されている方法には①可撤性義歯(入れ歯)、②固定性義歯(冠架橋義歯、ブリッジともいいます)があります。①の入れ歯は歯のない部分に床(歯ぐきの部分)と人工の歯がついた本体部分にバネを繋げて残っている他の歯に引っかけて取り外して使用するものです。歯のない部分が少なく、小さな入れ歯であれば比較的簡単に作製できます。両となりの歯や他の歯を殆ど傷つけませんが適合が不良であると下の歯ぐきが痛んだり、バネのかかる歯が汚れやすくなったり、また違和感が他の治療法より大きいのが欠点です。一方②の固定性義歯(いわゆるブリッジ)は主に歯のない部分の両となりの歯を削って、型取りしたのち被せものを繋げた形で作製し、セメントで固定します。取り外しの入れ歯より装着した違和感が少なく、支台となる歯で咀嚼するため噛み心地もよいといわれます。欠点は健康な歯を削ることと、一度固定されるとやや清掃しにくくなること、一本一本別々に生えている歯を固定してとめてしまうことで歯の自然な動きを抑制すること、冠の内部が虫歯になることがあること、また最近の統計では大体予後は9~10年でだめになるとされていることなどです。保険適用外で受けられる場合①の入れ歯ですと薄くて丈夫な金属の入れ歯や金属のバネを使用しない審美的な入れ歯など、また②のブリッジであれば白い被せもので作製できるなどといった使用材料、耐久性、審美性を向上させたものもあります。
 ①、②以外のものが③インプラント治療ということになりますが、最近では過去に比べ非常に一般的に周知されるようになってきました。当院でも多くの方がこの治療を受けておられます。インプラントはブリッジのように他の歯を一切削ることもなく、また入れ歯のように取り外しもないため、天然の歯に非常に近く、違和感もなく、咀嚼する能力も非常に高いこと、予後も長期的に良好なデータが示されていること、また、一か所歯が喪失した部分にインプラントを取り入れることにより、他の歯の寿命にも貢献できること、治療がシンプルになること等々・・・非常に多くの有効なメリットがある治療法であります。デメリットとしては保険適用されていないため、ある程度治療費用が高くなること、また全身的なご病気をお持ちの方は手術が出来ない場合があること、骨の喪失が著しい場合、多少大がかりな手術になったり、治療期間が長くなることなどが挙げられます。われわれにとって最も大切なことは「健康な歯を生涯にわたり一本でも多く残していくこと」です。ですが不幸にして万一歯を喪失してしまった場合、決して安易に考えずにじっくりと検討して頂きご自身にとって本当に最良だと思える治療方法を選択なさって下さい。

2011年8月 8日

 2007年インプラント手術を受けた患者さんが死亡された事故で警視庁は1日手術を施術した歯科医(67歳)を業務上過失致死の容疑で書類送検しました。死因は下あごの右奥歯の手術を受けていた最中に具合が急変。インプラントを埋め込むためにあけた穴があごの骨を貫通し、その下の動脈が損傷された結果、翌日午前、大量の出血に伴う血腫により窒息死された、という事故でした。
 危険性を予測できたのに注意を怠ったまま、ドリルで穴をあけており、損傷した動脈について事故当時の医学水準では一般的ではなく、予測できなかったと主張。それに対して複数の専門家からすると一般的に知られていることで危険は認識できたと判断されたとのことでありました。現在まで歯科というと、虫歯の治療や入れ歯の処置など命に直接関わらないものだという認識があると思われますが、歯科領域の中でも口腔外科領域では昔からインプラントのみならず、口くう内のあらゆる手術を経験し、当然出血に対するリスク、対応についてもトレーニングを行っています。この窒息事故は決してインプラントに限ったものではなく、他の手術でも起こりえるものであり、そのため、インプラントは危険だという認識が国民の皆様に広がることは患者さんの不利益につながるものであると考えます。口腔外科でのトレーニング経験がない先生を対象に最近は各種学会などで解剖や画像検査などの研修会が行われているのをよく拝見します。インプラントは精密な検査、しっかりとした技術、経験をもった歯科医であれば恐ろしい治療ではなく、決して死亡事故につながるような治療ではないことを認識して下さい。そのために、十分なトレーニングを積んだ歯科医を選び、検査結果、リスク等十分な説明をお受けになってから安心して治療に臨んで下さい。

2011年7月25日

 今回はインプラント治療後のメインテナンスについてお話します。現在インプラントは広く普及し、決して特別な治療法ではなくなりました。とはいえ、車も車検を受けないと故障するように、インプラントも治療を受けたら終わりというものではなく、長期の機能維持のためには、メインテナンスは不可欠なものとなります。メインテナンス法に関しては様々な意見があり、いまだに完全に統一されていないというのが現状ですが、なんらかのかたちで検診をお受けにならなければなりません。口腔内という過酷な環境下で、天然歯に代わってその役割を担っているわけですので、いつ耐えられなくなってもおかしくはないのです。そのサインをいち早く発見し、過酷な環境から解放させる、あるいはその環境を取り除くことがメインテナンスの大きな存在価値になっているわけです。つまりは、健全な口腔内の環境や機能を維持させていくことがメインテナンスということになります。もちろん、手術の技術、被せものの技術によっても予後の良し悪しは関係しますので、我々サイドでは技術面に関しましては最大限の努力で治療に望んでおります。患者様サイドでも歯周病予防のための歯石除去と同じように、インプラントを受けられましたら長期にわたってしっかりお食事を召しあがれるよう積極的にメインテナンス管理を受けていただけたら幸いです。インプラントをお受けになった方、また、これから検討なさっている方、治療内容だけでなく、こういったメインテナンス方法に関しましてもしっかりご説明致しますので、なんなりと質問頂けたらと思います。

2011年7月 4日

 先月6月付で新しく女性の武田美里先生が当クリニックに着任致しました。とても優しい先生ですので、歯並びをきれいにしたい、今まで銀歯がみえてずっと気になっていたので、おもいきって白い歯を取り戻したい、ホワイトニングに興味があるけどなかなか踏み込めない・・・等々なんでもご相談なさって下さい。きっとその方に合ったベストな治療法を女性ならではのセンスで提案してくれることと思いますよ。

2011年6月15日

いびきなど睡眠中に生じる好ましくない現象を「睡眠随伴症」と言います。歯ぎしりも睡眠随伴症の一つです。上下の歯がすり合わせてギリギリという音がしたり、歯と歯が触れ合ってガタガタいったり。ぐっと噛む、噛みしめも歯ぎしりの一種です。
 いびきと同様に同部屋で寝ている人の睡眠を妨げてしまうほか、歯にかかる負担が大きいため、歯がすり減ったり歯周組織を傷つけて歯周病が進むきっかけになったりします。さらにひどくなると、知覚過敏、顎関節症や肩こり、頭痛、自律神経失調などの症状が現れます。
 歯ぎしりはストレスなど精神的なもの、歯の噛み合わせの悪さなどが主な原因と考えられています。筋弛緩剤を使う薬物療法や睡眠前の自己暗示療法などもありますが、一般的には噛み合わせを調整したり、ナイトガードというマウスピースのようなスプリントを装着する歯科的な治療が有効です。
 ナイトガードは、患者一人一人の歯並びの型を取ってカスタムメイドします。合成樹脂で作り、夜寝る時に上下の歯の間にはめておくだけです。ナイトガードを装着するだけで歯ぎしりがピタリと止まる例も数多くあります。旅行などにも携帯できるので、同室者に迷惑をかける心配もありません。
 歯ぎしりを家族に指摘されて悩んでいる人は、歯科医に相談してみてください。

2011年6月 1日

 治療法としてスリープスプリントが優れているのは、外科的治療のように体にメスを入れないでよいこと、薬物療法のように副作用の心配をしないでもよいことです。また、内科的治療のCPAPはのどが乾燥するといった弊害がありますが、スリープスプリントは装着することで生じるデメリットがありません。
 そして、一番の長所は寝る前に口に装着するだけで、CPAPのような大がかりな器具がいりません。小さなものなので、洗面道具と一緒に出張や旅行にも持って行けます。透明なので装着しても、ほとんどわかりません。若い女性の場合など、いびきを気にして友だちと旅行に行けないという人もいますが、スリースプリントならば安心して旅行できるでしょう。
このように、スリープスプリントは患者に負担をかけない治療法であると同時に、治療効果が高いことがメリットとなっています。スリープスプリント治療を受けた患者188人のうち、いびきの状態に改善が見られず以前とまったく同じという人は4%だけというデータもあります。
さまざまないびき治療方法の中で、一番デメリットの少ないのがスリープスプリントだと言えます。したがって、ファーストチョイスとしてスリープスプリントで治療して、効果が現れない場合はCPAPに、それでもダメなら外科的治療へと進めていくのが順当なのではないでしょうか。
ただし、スリープスプリントは自分の歯に固定するので、残っている歯が20本未満の人には向いていません。20本以上残っていても歯周病がひどければ、やはり固定できないのでムリでしょう。また、下あごを引き出すので、あご関節に異常のある人にはリスクがあります。口を閉じて鼻呼吸になるので、蓄膿症や鼻詰まりのひどい人にも向いていません。18歳以下の子どもは歯並びやあごの形が変わっていくので、成長に応じて数ヵ月ごとにスリープスプリントを作り直さなければいけないので、現実問題として適切な治療法とはならないでしょう。

2011年5月16日

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法として注目を集めているのが、歯科的治療のスリープスプリントです。
 スリープスプリントは、ボクシングやラグビーの選手が試合中に口に入れているマウスピースと同じようなものです。就寝前にスリープスプリントを口に装着することで下あごを前方に引き出し、舌の根元部分が沈みこむのを防いで気道を確保します(図参照)。
 スリープスプリントは下あごが後退している人や下あごが小さい人、あるいは肥満で舌の根元が肥大している人などに絶大な効果があります。
 また、口を開けて寝る習慣の人など、スリープスプリントを装着することで自然に口が閉じます。口を開けて寝ると、口の中が乾燥し、上気道の粘膜の摩擦が大きくなって、いびきがひどくなりがちですが、スリープスプリントを装着すれば口が開かず、口の中も乾燥しません。
 スリープスプリントは歯科医院で、患者の歯並びやあごの形に合わせて、アクリル樹脂で製作します。2~3回の来院で完成します。歯の状態が変わらなければ、長期間使用できます。

2011年4月21日

 みなさんこんにちは。4月1日付で当院に新しく重松由美子医師が就任致しました。清潔感のある優しい女性歯科医師ですので、お口の中のお悩み、相談辛らかった事等などなんでもご相談してみて下さい。きっと解決してくれるはずです。大学勤務医時代はクラウン・ブリッジ学(簡単にいうと虫歯を取ったのあとの被せものの専門の科です)で研究を続け、学位を取得している真面目で努力家な先生です。現在は審美歯科に一番力を入れているそうです。同じく今月より臨床研修医の小倉医師が歯科医師臨床研修指導機関である当クリニックの診療に加わりますのでどうぞ宜しくお願い致します。
 また、震災の影響で現在、診療室内の一部や入り口の照明を消灯しております。誠にご迷惑をお掛け致しますが、診療には差し支えございませんので、どうぞご理解、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

2011年3月31日

 いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療にはさまざまな方法があります。
無呼吸が1時間に20回以上の中等や重症の患者の場合に、広く行なわれているのがCPAP(シーパップ)療法という内科的治療です。CPAPとは、鼻マスクを装着し、エアチューブを通して空気を送りこんで、上気道が狭くならないようにする医療器具です。装着すれば、いびきや無呼吸が改善され、熟睡できるようになり、昼間の耐えがたい眠気もなくなります。
 しかし、鼻マスクやエアチューブなどの装着に違和感を覚えて、却って眠れなくなる人もいます。また、口の中が乾燥するという副作用があります。器具がかさばり、出張や旅行の時など持ち運びに不便ですし、同じ部屋に同宿者がいると驚かせてしまうでしょう。そのほか、CPAPを購入すると30万円ほどかかり、レンタルでも月3000円ほどかかります。一生レンタルするとなると、バカにならない値段です。
 気道を広げる手術をする外科的治療もあります。咽頭形成術と言い、口蓋垂(のどちんこ)などの切除、縫合をします。手術の痛みが翌日まで続くことはほとんどありませんが、全身麻酔で行なうため、1週間程度の入院が必要です。最近は咽頭形成手術でもレーザーが使われるようになり、患部を焼き切ると同時に縫合もできるので時間短縮でき、日帰り手術が可能な場合もあるようです。
 ただし、咽頭形成術の効果については、時間の経過と共に再発するケースもあり、特に肥満の人の場合は効果が疑問視されています。
 そのほか、薬物療法もあります。抗うつ薬で睡眠を深くし、無呼吸回数を減らす方法です。呼吸刺激剤を用いて、狭くなった気道に負けないように呼吸を強くさせる方法もあります。就寝前に点鼻薬を使って、鼻詰まりを改善する場合もあります。
 しかし、薬物療法は気道が狭くなっているという根本原因にたいする解決策ではないので、補助的手段に過ぎません。常用すると効果が薄れる場合もあります。
 このように、内科的治療や外科的治療、薬物療法には、それぞれ一長一短があります。

2011年3月16日

睡眠時無呼吸症候群はSleep Apnea Syndrome(SAS)と言います。医学的には無呼吸(10秒以上の呼吸停止)が1時間に5回以上、あるいは一晩7時間の睡眠中に30回以上起きると「睡眠時無呼吸症候群」と診断されます。
 寝ている間に上気道が狭くなって、呼吸が少なくなったり(低呼吸)、気道が完全にふさがって呼吸が止まったり(無呼吸)します。呼吸が止まれば命が危ないので、危険を察知した脳が呼吸を再開するよう指令を出します。脳からの指令で再び呼吸を始めますが、その時に気道にたまっていた空気が勢いよく吐き出され、大いびきになるのです。
 無呼吸になるたびに、脳は覚醒して指令を出します。1時間に5回以上無呼吸になっていれば、その回数だけ脳も目覚めているということです。睡眠中に1時間に5回以上も電話のベルが鳴って起こされれば、誰でも睡眠不足になってしまうでしょう。翌日の昼間に強烈な眠気に襲われるのは当然です。
そんな状態が毎日続けば、「眠いな」と思った瞬間に前後不覚に眠ってしまうということも起きます。長い間、居眠りは気の緩みと思われてきました。しかし、睡眠時無呼吸症候群は病気なのですから、精神的なもので防ぐことはできません。実際に、仕事の電話をしている最中や会議中に突然眠り込んだり、先生が授業中に眠り出したりなど深刻な例がたくさんあります。最も悲惨なのは、車の運転中に居眠りしてしまうことです。自分の命が危険にさらされるばかりか、他人の命すら巻き添えにしかねません。
 また、睡眠不足によって、頭痛や体のだるさがあり、精神的に追い詰められ、無気力など軽いウツ症状になる場合もあります。
 「大きないびき」と昼間の「耐えがたい眠気」が、睡眠時無呼吸症候群の特徴です。その他、起床時に頭がズキズキ痛んだり、集中力や持続力がなくなって単純ミスを連発したりなど、今までにない症状が出ていたら要注意です。単なる疲れと思わずに、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみてください。そして、早めに受診することをお勧めします。取り返しのつかない事故を起こす前に、早めに気付いて治療することが望まれます。

2011年3月 1日

 いびきはどのようにして起きるのか、簡単に説明しましょう。
 鼻から吸い込んだ空気は上気道を通って体内に取り込まれます。この上気道は、肥満、扁桃肥大、加齢による筋力低下などによって狭くなることがあります。狭くなると空気抵抗が大きくなり、粘膜などが振動したり摩擦音がします。この振動音や摩擦音がいびきなのです。もともと、上気道には、吸い込んだ空気のほこりなどを取り去って肺に入れないようにする役割もあるので、凹凸が激しくなっています。風邪をひいてノドを腫らすと、それだけ上気道が狭くなって呼吸が苦しくなるなど、空気の通り道が狭くなりやすい構造になっているのです。
  そして、寝る時はあお向けに寝ますから、軟口蓋や口蓋垂(のどちんこ)などが重力によって下へ沈みます。その結果、上気道が狭くなってしまうのです。睡眠中は筋肉もゆるんでいて、のどや舌の筋肉もゆるんでいるので振動しやすくなっています。
 このように、睡眠中はいびきをかく条件が揃っているのです。

2011年2月15日

一般的に、いびきをかいてパタッと止まり、しばらくすると、大音響のいびきを再びかき始めるというパターンが多いと思いますが、いびきが止まっている間は呼吸も止まっているのです。こうした睡眠時無呼吸症候群になると、浅い眠りとなり、昼間に強烈な眠気がします。
 睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害による居眠りによって、さまざまな大事故がおきています。
 1993年にアメリカ睡眠障害調査研究会が発表したレポート「Wake up America」(目覚めよ、アメリカ)には、衝撃的な事実が報告されています。
 1989年に起きたアラスカ沖原油流出事故は、見張り役の3等航海士が前日から2日間で6時間しか寝ていなかったため、立ったまま居眠りして座礁を警告する信号に気付かなかったのが原因とされています。1人の航海士の睡眠障害のために、流出した原油の清掃作業に18億5000万ドル、船舶の被害が2500万ドルなど、約20億ドルもの損害が生じたのです。
 91年に起きたオレゴン州の列車衝突事故も運転手の居眠りが原因とされています。
そのほか、スリーマイル島の原発事故も監視員が睡眠不足で炉心冷却水の減少に気付かなかったことが原因の一つとされ、チェルノブイリの原発事故も職員の寝不足による居眠りが関係しているとされています。
日本でも2003年にJR山陽新幹線の運転士が居眠り運転するという事件が起きました。この運転士は睡眠時無呼吸症候群とわかり、日本でも睡眠時無呼吸症候群が知られるきっかけともなりました。
睡眠時無呼吸症候群の患者のほとんどは、いびきをかいています。つまり、いびき治療と睡眠時無呼吸症候群の治療は重なる部分が多く、歯科治療が睡眠時無呼吸症候群の治療にも役立っているのです。

2010年12月15日

 定期検診も1年目は、最長4ヵ月に1回は行ないます。

インプラントにした後、ブラッシングなどの日常ケアが大事です。

 インプラントにして、わずらわしい入れ歯の手入れから解放されたーーと気を緩めてはいけません。

インプラントにしても、天然歯と同様に毎日のブラッシングなどで歯垢がたまらないようにすることが大事です。

 インプラントは人工歯根なので、天然の歯根にある歯根膜がありません。

歯根膜には神経があり、痛みや触覚、圧力などを感じ取ります。

インプラントにすると、構造的に人工歯冠と、隣の歯の間に磨き残しが出やすくなります。

歯垢がたまったままになり、細菌感染が起きても、歯根膜がないので気付くのが遅れがち。歯ブラシによるブラッシングだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使って磨き残しがないように注意することが重要です。


 インプラントの周囲に歯垢がたまったままにしておくと、歯肉炎が起き、進行すると歯周炎になり、インプラントを支えている歯槽骨が痩せ細って吸収される事態にもなりかねません。

 歯周病予防はインプラントを長持ちさせるためにも大切です。


 ネジの緩みなどは歯科医が点検しなければわかりません。

また、最初の1年ほどは、骨と人口歯根が固まっていく過程にあるので、途中経過をチェックしなければなりません。


 したがって、インプラントにした1年ほどは4ヵ月ごとの定期検診が必要です。

定期検診でチェックすることは次の通りです。

・ 口腔ケアが適切に行なわれているか
  歯垢がたまっていれば取り除き、ブラッシング指導を行ないます。
・ 噛み合わせの調整
・ インプラントのチェック
  インプラントのネジが緩んでいないか、インプラントにぐらつきがないか調べ、
  インプラントと歯槽骨の状態を詳しく調べる場合もあります。

 1年を過ぎた後も、半年ごとの定期検診は欠かせません。

他の歯の虫歯や歯周病予防を兼ねて、定期検診を習慣にすることが大事です。

よくある質問
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

芝大門歯科クリニック
芝大門歯科クリニック

〒105-0012
東京都港区芝大門2-1-17
朝川ビル1F
電話番号 03-3578-8880

大門駅A6出口より徒歩2分
芝公園駅A3出口より徒歩4分
浜松町駅北口より徒歩5分

休診日
土曜日、日曜日、祝日

月曜日・火曜日・木曜日は、20:30まで診療いたします。

公式サイトはこちら