«  2016年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年8月16日

虫歯の治療を途中でやめしまうと、様々な悪いことが起きます。


1、仮詰、仮歯のままの状態で中断してしまった場合

虫歯が進行してきてしまい歯が欠けたり、痛みが出ます。
仮詰や仮歯、歯医者さんの管理のもと、短期間持たせる予定で付けています。すぐに劣化してきてしまうために隙間から虫歯が進行してしまいます。劣化すると見た目も黄色くなり、口臭も強くなってしまいます。

他にも型どりしたものが入らなくなってしまいます
型どりした後に2,3か月空けてしまうと歯が動いてしまいます。そうすると適合が悪くなり、詰め物や被せものが入らなくなってしまうことがあります。期間が空いて入らなかった場合にはその分金額もかかってしまいます。


2、根の治療途中で中断してる場合

歯は骨のなかに埋まっているので、根の治療中はお口の中と骨の中がつながっている状態です。治療を放置して仮の蓋が取れてしまったり、歯の中で細菌が繁殖してしまうと直接顎の骨に感染してしまい、大きく腫れたり、痛みが出たりしてしまいます。
そして、根の治療中に放置してしまうと歯の内側の一番弱い部分が、お口の中の細菌に侵されてしまいます。虫歯の進行が急速に進み、最終的には歯を抜かなくてはいけなくなる可能性もあります。

3、歯を抜いてそのままの状態

歯をぬいたあと、そのままにすると隣の歯は倒れ、噛み合う歯は伸びてきて噛み合わせが崩れてしまいます。いざ、治療をしようとした時には倒れた部分を戻したり、噛み合う部分を削ったり、時間も費用も何倍もかかってしまいます。

このように虫歯の治療を途中でやめてしまうと悪いことしか起きません。
なので、治療の中断はやめましょう。中断するにしても歯医者さんに相談してからが良いですね。

« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

芝大門歯科クリニック
芝大門歯科クリニック

〒105-0012
東京都港区芝大門2-1-17
朝川ビル1F
電話番号 03-3578-8880

大門駅A6出口より徒歩2分
芝公園駅A3出口より徒歩4分
浜松町駅北口より徒歩5分

休診日
土曜日、日曜日、祝日

月曜日・火曜日・木曜日は、20:30まで診療いたします。

公式サイトはこちら