«  2016年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年3月 8日

こんにちわ!
今日は歯ブラシの選び方についてのお話です。
今、歯ブラシはいろいろなとこで販売されていますし、種類もたくさんあります。ご自身にあった歯ブラシをつかっていないと、ブラッシングしてるのに虫歯になったり、歯茎からの出血が治らなかったりします。

実は歯ブラシの選び方のポイントは、【何を目的にするか】です。
まず、虫歯予防や歯周病予防の目的によって変わってくるのです。

虫歯予防ための歯ブラシ

毛の硬さは「ふつう」

歯ブラシの硬さは「ふつう」が最適です。硬過ぎるものは歯ぐきやエナメル質を痛めてしまったり、やわらかく細すぎるものはプラークをしっかりと落とせません。

歯ブラシのヘッドは「小さめ」

手前やサイドは磨きやすいのですが、奥歯は届きにくいのでヘッドが小さい歯ブラシがおすすめです。小さいので時間はかかってきてしまいますが、小さいほうが隅々までみがけます。

毛先は「まっすぐ」

ギザギザの山型や毛先が細くなっているものがありますが、歯と歯の間に上手にフィットさせることは難しく、磨き残しを作ってしまいます。毛先はまっすぐに整っているものを選びましょう。

柄は「まっすぐ」

ストレートな柄でシンプルなもののほうが持ちやすく細かく磨きやすいのでおすすめです。

歯周病の予防や改善のための歯ブラシ

歯肉炎や歯周病が原因で歯磨きの時に痛みを感じると、つい磨くのがおっくうになってしまうかもしれませんが、プラークを放置するとますます悪化するので気をつけましょう。以下のような歯ブラシを使ってください。

毛の硬さは「やわらかめ」

歯茎の腫れや出血、歯の根が出ていてしみる場合は、ソフトタッチのやわらかい歯ブラシにしてください。硬いもので磨くと歯茎をさらに傷つけてしまう恐れがあります。

毛先は「細め」

歯周病の人は歯周ポケット(歯と歯ぐきのすきま)が広くなっていて歯垢がたまりやすい状態なので、毛先は細めのものを選びましょう。

※虫歯予防、歯周病対策のどちらも素材はナイロン製がおすすめです。動物製のブラシは吸水性が高いので乾燥に時間がかかってしまいます。

このように大きく分けて2種類の目的によってえらんでいくのが良いとおもいます。
ご自身が虫歯のリスクが高いのか、歯周病のリスク高いのかお近くの歯医者さんで相談してみてください。

« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

芝大門歯科クリニック
芝大門歯科クリニック

〒105-0012
東京都港区芝大門2-1-17
朝川ビル1F
電話番号 03-3578-8880

大門駅A6出口より徒歩2分
芝公園駅A3出口より徒歩4分
浜松町駅北口より徒歩5分

休診日
土曜日、日曜日、祝日

月曜日・火曜日・木曜日は、20:30まで診療いたします。

公式サイトはこちら