«  2014年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年7月10日

口腔カンジダ症とは、お口の中に常在するカンジダ菌という真菌(カビ)が異常繁殖して起こる病気です。従来、お年寄りや免疫力が低下した状態の人や、抗生物質を服用している人がかかる病気と思われてきましたが、最近では単に唾液分泌低下や、、義歯の清掃不良といった局所の要因でも発症することがわかってきました。

症状としては口に、ぬぐうと取れる白い苔状のものができる場合と、粘膜が赤くなる場合とがあります。従来、カンジダ症というと前者が代表でしたが、最近では萎縮性が増えています。
また萎縮性は飲食時に舌にヒリヒリとした痛みがあるのが特徴です。入れ歯の下の粘膜が赤くなる、両側の口角が切れる、苦味や違和感を感じるなどの症状があります。

治療法としては抗真菌薬であるうがい薬、塗り薬、内服薬を使用することで一般にはよく効きますが、それぞれの薬の使用方法をよく守ることが大切です。
また、日頃から義歯の正しい清掃や管理、口腔乾燥がある場合には唾液分泌や口腔の保湿を促す口腔ケアが重要です。

よく似た病気に白板症という前癌病変があり、全身状態が悪い場合は、口腔カンジダ症を放置することで肺炎などの深部感染症を起こす危険が高まるため、異常があれば歯医者さんにすぐ相談するようにしてください。

« 2014年6月 | メイン | 2014年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

芝大門歯科クリニック
芝大門歯科クリニック

〒105-0012
東京都港区芝大門2-1-17
朝川ビル1F
電話番号 03-3578-8880

大門駅A6出口より徒歩2分
芝公園駅A3出口より徒歩4分
浜松町駅北口より徒歩5分

休診日
土曜日、日曜日、祝日

月曜日・火曜日・木曜日は、20:30まで診療いたします。

公式サイトはこちら