«  2014年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年1月31日

 酸蝕症という疾患をご存知でしょうか。

酸蝕症とは酸によって歯が溶かされてしまう疾患です。
原因となる酸は清涼飲料水、拒食症や逆流性食道炎などによる嘔吐、健康増進のための酢やクエン酸の日常的な摂取、塩酸や硫酸などを扱う工場での労働など様々な因子が挙げられます。

虫歯も酸によって歯が溶かされてしまいますが、虫歯との違いは細菌の関与の有無です。
虫歯はプラークという細菌の塊がくっつきやすい場所にできますが、酸蝕は口の中全体に酸が広がるため、広範囲に渡って発症します。
しかし溶ける範囲が広く浅いため、なかなか気付きにくいものです。
また症状も虫歯と違い痛みが出ることはありません。
歯の表面が徐々に溶けていくので知覚過敏の症状が出ることがあります。

治療方法は進行度合いによって変わってきますが、軽度であれば知覚過敏に対する処置、溶けてしまった範囲が大きければ被せ物を入れたり、全ての歯が障害されてしまっている場合は治療が非常に困難になってしまいます。

日常的に酸を多く摂取していたり、職業的に酸を取り扱っている方、嘔吐を繰り返しやすい方などはスタッフに相談されてはいかがでしょうか。

http://www.shiba-sdc.com/

« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

芝大門歯科クリニック
芝大門歯科クリニック

〒105-0012
東京都港区芝大門2-1-17
朝川ビル1F
電話番号 03-3578-8880

大門駅A6出口より徒歩2分
芝公園駅A3出口より徒歩4分
浜松町駅北口より徒歩5分

休診日
土曜日、日曜日、祝日

月曜日・火曜日・木曜日は、20:30まで診療いたします。

公式サイトはこちら