«  2011年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2011年9月26日

 当院では主に「ストローマンインプラント」と「アストラテックインプラント」の2種類のインプラントシステムを採用しています。これら2種類のインプラントは世界的にもメージャーで、実績もあり、5大インプラントに数えられています。特徴としてはストローマンインプラントは現在のインプラントの表面性状であるラフサーフェス(粗い表面)の先駆けであり、ブラスト処理と酸処理を施すことによりインプラントと骨との接合を強化させ、治癒期間を早めることを目的に開発されました。また、インプラント体が短く、日本人に向いているインプラントとされています。また、術式もシンプルで多くの医療機関で使用されています。最近ではボーンレベルインプラントというストローマンの新しいラインナップが増え、審美部位に有利なシステムも登場しました。もうひとつのアストラテックインプラントはタイオブラストという処理がなされた、審美部位にとても有用なインプラントです。よく計算された生体力学的な相互作用とともに骨にとって最適な状態を確実なものとし、かかる荷重の良好な分配、微小動揺、微小漏洩がなく、辺縁骨の保存に強いインプラントです。最近では長年本邦では未承認であったオッセオスピードというアストラテックの新しいラインナップも登場したばかりです。ヨーロッパに遅れること10年ですからやっと使用できるんだという喜びもあり、きっと患者様にとって利益のあるものになると確信しております。このようにインプラントもなんでもよいという訳ではなく、実績のあるものが安心といえますし、新しいラインナップが次々と登場し、日々進化を継げているため、使用する我々も日々情報を更新し、患者様に最良な治療をご提供できるよう努力して参ります。当院でインプラント治療をお考えの方は、こういったシステムに関してもなんでもご相談して下さいね。

2011年9月 5日

 今回はインプラントの種類についてお話致します。現在インプラントの市場は日々拡大しており、世界レベルでは数百ものメーカーがあり、数多くのインプラントシステムが存在しています。本邦におきましても30種類以上のシステムが存在しております(薬事法の認可を受けているもの)。勿論それにより症例の選択肢も増え、より細かな種類、サイズの選択などが可能になった半面、例えば他院でお受けになったインプラントに何らかの問題が生じ、前医に色々な事情でご通院できなくなった場合などに、他の担当医が治療に介入せざるを得なくなることもあります。その場合システムの把握、対応等に苦慮する場合もあります。われわれも種々の研修会、学会などで多くのシステムを把握する努力はしておりますが、全てをカバーするのは現時点では不可能です。ですので「長期的な臨床データに裏付けられたシステムを使用していること」、「より広く普及しているものを使用していること」、「どの医院でも対応しやすいものを使用していること」などもインプラント治療をお受けになる際の選択の一つにいれてみてはいかがでしょうか。

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

芝大門歯科クリニック
芝大門歯科クリニック

〒105-0012
東京都港区芝大門2-1-17
朝川ビル1F
電話番号 03-3578-8880

大門駅A6出口より徒歩2分
芝公園駅A3出口より徒歩4分
浜松町駅北口より徒歩5分

休診日
土曜日、日曜日、祝日

月曜日・火曜日・木曜日は、20:30まで診療いたします。

公式サイトはこちら