«  2011年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年8月23日

 今回は重度の歯周病・虫歯や、ケガなどによる歯の破折など様々な要因によって不幸にして歯を失われた場合、どのような治療方法があり、またどのようなメリット・デメリットがあるのかについてお話させて頂きます。よく「さし歯」と混同される場合が多いのですが、「さし歯」」はあくまでご自身の歯(根の部分)が残っている場合に適用される治療法ですので、紛らわしいですが、根から完全に歯を喪失された場合のお話となります。
 保険適用されている方法には①可撤性義歯(入れ歯)、②固定性義歯(冠架橋義歯、ブリッジともいいます)があります。①の入れ歯は歯のない部分に床(歯ぐきの部分)と人工の歯がついた本体部分にバネを繋げて残っている他の歯に引っかけて取り外して使用するものです。歯のない部分が少なく、小さな入れ歯であれば比較的簡単に作製できます。両となりの歯や他の歯を殆ど傷つけませんが適合が不良であると下の歯ぐきが痛んだり、バネのかかる歯が汚れやすくなったり、また違和感が他の治療法より大きいのが欠点です。一方②の固定性義歯(いわゆるブリッジ)は主に歯のない部分の両となりの歯を削って、型取りしたのち被せものを繋げた形で作製し、セメントで固定します。取り外しの入れ歯より装着した違和感が少なく、支台となる歯で咀嚼するため噛み心地もよいといわれます。欠点は健康な歯を削ることと、一度固定されるとやや清掃しにくくなること、一本一本別々に生えている歯を固定してとめてしまうことで歯の自然な動きを抑制すること、冠の内部が虫歯になることがあること、また最近の統計では大体予後は9~10年でだめになるとされていることなどです。保険適用外で受けられる場合①の入れ歯ですと薄くて丈夫な金属の入れ歯や金属のバネを使用しない審美的な入れ歯など、また②のブリッジであれば白い被せもので作製できるなどといった使用材料、耐久性、審美性を向上させたものもあります。
 ①、②以外のものが③インプラント治療ということになりますが、最近では過去に比べ非常に一般的に周知されるようになってきました。当院でも多くの方がこの治療を受けておられます。インプラントはブリッジのように他の歯を一切削ることもなく、また入れ歯のように取り外しもないため、天然の歯に非常に近く、違和感もなく、咀嚼する能力も非常に高いこと、予後も長期的に良好なデータが示されていること、また、一か所歯が喪失した部分にインプラントを取り入れることにより、他の歯の寿命にも貢献できること、治療がシンプルになること等々・・・非常に多くの有効なメリットがある治療法であります。デメリットとしては保険適用されていないため、ある程度治療費用が高くなること、また全身的なご病気をお持ちの方は手術が出来ない場合があること、骨の喪失が著しい場合、多少大がかりな手術になったり、治療期間が長くなることなどが挙げられます。われわれにとって最も大切なことは「健康な歯を生涯にわたり一本でも多く残していくこと」です。ですが不幸にして万一歯を喪失してしまった場合、決して安易に考えずにじっくりと検討して頂きご自身にとって本当に最良だと思える治療方法を選択なさって下さい。

2011年8月 8日

 2007年インプラント手術を受けた患者さんが死亡された事故で警視庁は1日手術を施術した歯科医(67歳)を業務上過失致死の容疑で書類送検しました。死因は下あごの右奥歯の手術を受けていた最中に具合が急変。インプラントを埋め込むためにあけた穴があごの骨を貫通し、その下の動脈が損傷された結果、翌日午前、大量の出血に伴う血腫により窒息死された、という事故でした。
 危険性を予測できたのに注意を怠ったまま、ドリルで穴をあけており、損傷した動脈について事故当時の医学水準では一般的ではなく、予測できなかったと主張。それに対して複数の専門家からすると一般的に知られていることで危険は認識できたと判断されたとのことでありました。現在まで歯科というと、虫歯の治療や入れ歯の処置など命に直接関わらないものだという認識があると思われますが、歯科領域の中でも口腔外科領域では昔からインプラントのみならず、口くう内のあらゆる手術を経験し、当然出血に対するリスク、対応についてもトレーニングを行っています。この窒息事故は決してインプラントに限ったものではなく、他の手術でも起こりえるものであり、そのため、インプラントは危険だという認識が国民の皆様に広がることは患者さんの不利益につながるものであると考えます。口腔外科でのトレーニング経験がない先生を対象に最近は各種学会などで解剖や画像検査などの研修会が行われているのをよく拝見します。インプラントは精密な検査、しっかりとした技術、経験をもった歯科医であれば恐ろしい治療ではなく、決して死亡事故につながるような治療ではないことを認識して下さい。そのために、十分なトレーニングを積んだ歯科医を選び、検査結果、リスク等十分な説明をお受けになってから安心して治療に臨んで下さい。

« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

芝大門歯科クリニック
芝大門歯科クリニック

〒105-0012
東京都港区芝大門2-1-17
朝川ビル1F
電話番号 03-3578-8880

大門駅A6出口より徒歩2分
芝公園駅A3出口より徒歩4分
浜松町駅北口より徒歩5分

休診日
土曜日、日曜日、祝日

月曜日・火曜日・木曜日は、20:30まで診療いたします。

公式サイトはこちら