«  2017年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年5月15日

だいぶ温かくなってきましたね。
さて、今回のテーマは親知らずについてです。

日本人に最も多い親知らず(特に下の歯)の萌え方は、頭を横向きにして萌えてくる状態です。横向きに萌えてくると、手前の歯を押して痛みが出たり、親知らず周囲の歯茎が炎症(智歯周囲炎)を起こすなど、様々な問題を生じることがあります。

痛み止めと抗生剤で、症状を緩和することは出来ますが、また痛みが出てくる可能性がありますので、痛みや腫れを繰り返すようであれば抜歯が必要となります。また、手前の歯を押している場合は、歯並びに悪影響を及ぼすこともあります。

当医院では抜くのが難しい半分埋まっている親知らずや、真横に生えている親知らずの抜歯も対応しております。
親知らずについてご相談やご質問がありましたら、お気軽にお声かけ下さい。

2017年2月24日

歯科用CT当院のインプラント治療では、治療前にCT撮影を行います。手術の前にあらかじめCT撮影を行うことで、より精度の高い治療が可能になります。

CTレントゲンの優れたところは、コンピュータ上で骨を再現できるということです。これにより、通常のレントゲンでは分からなかった骨の奥行きや骨の幅、厚みを正確に診断することができます。

今では、インプラントの治療に欠かせない検査の1つです。
また、院内にCTを完備していない医院では、大学病院・提携クリニックでCT撮影を行うため、撮影までの期間が長くなったり、別途日程の調整が必要な場合がありました。
しかし、当院ではCTを完備しているため、治療をスムーズに進めることができます。

歯科用CT【歯科用CTの導入メリット】
(1) インプラントを入れる位置、方向のシミュレーションが可能
(2) 難易度の高い場合でも手術できる
(3) 事前の確認が可能なため、メスで開くことが少ない⇒患者さまの負担軽減
(4) 治療時間の大幅な短縮

2017年1月25日

あけましておめでとうございます。

芝大門にあたらしいDrが入ってくれました。 
慶応義塾大学の口腔外科でも勤務されている『生野 誠』先生です。
月曜日と火曜日に非常勤として診療して頂いています。
得意な外科はもちろん、一般歯科に関しても精通していらっしゃいます。
物腰の柔らかいとても優しい先生ですので、なんでも質問してくださいね。

今後とも芝大門歯科クリニックをよろしくお願いします。

2016年11月 7日

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれ、有害な物質が200~300もあるといわれています。喫煙を続けている人は、歯周病にかかりやすい、悪化しやすい、治療しても治りにくいということがわかっています。

いくつか理由があるため、説明していきます。

まず、ニコチンについて
タバコの成分の一つのニコチンが血管を収縮させ酸素や栄養分の供給が不足します。他にもニコチンは歯茎の免疫細胞の働きを抑え抵抗力も落ちてきます。

次はタールについて
タールが付着すると歯の表面に歯垢(プラーク)や歯石がつきやすくなり、歯周病のリスクが増加します。

この他にもタバコの影響として唾液の減少があります。
唾液が減ることによって、口腔内の洗浄力がおちて、汚れがたまりやすく結果として歯周病だけでなく口腔内環境の悪化を招きます。


そしてタバコを吸うとお口の中の炎症症状が少なくなります。つまり次のような特徴が現れます。

  1.歯ぐきの腫れが少ない
  2.ブラッシング時の出血が少ない


なので自覚症状が少なくなり、歯周病の進行に気がつきにくくなるため、注意が必要です。

2016年10月 5日

歯周病の細菌が血液中にはいり全身に回っていろいろな病気を引き起こす可能性があるのをご存知ですか?


1.誤嚥性肺炎
2.心筋梗塞
3.糖尿病
4.早産・低体重児出産
などがあります。それぞれ説明していきます。

誤嚥性肺炎

歯周病菌が肺に感染し、肺炎になることがあります。
肺炎での死亡者数は年々増えています。特に高齢者では注意が必要です。

心筋梗塞

重症になると歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため、動脈硬化を招き心筋梗塞や狭心症などを引き起こすことがあります。また、心臓の内側にある心内膜の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎になる場合もあります。

糖尿病

歯周病が糖尿病を引き起こすだけでなく、糖尿病の患者さんが歯周病にかかっていると血糖コントロールが難しくなり、さらに悪化してします可能性があります。

早産・低体重児出産

歯周病菌による口腔内の炎症物質が胎児の成長に影響し、早産を引き起こすことがあります。歯周病の妊婦さんは、歯周病でない妊婦さんと比べて、早産や未熟児を出産する確率が7倍になるともいわれています。

このように歯周病はいろいろと全身にかかわってくるのでお口の管理をしっかりしていきましょう。

2016年9月 6日

虫歯は、進行度によって何種類かに分けられています。
その進行度によって治療の方法が変わってきます。

CO,C1、C2、C3、C4という5種類があります。1つずつどんな虫歯か説明していきますね。

CO
これは放っておくと虫歯になってしまう可能性がある歯です。予防が大事です。

C1
虫歯が歯の表面のエナメル質に及んだ状態で、痛みもなく治療も1回終わることがほとんどです。

C2
虫歯がエナメル質を超えて象牙質にまで及んだ状態です。冷たいものがしみるなど自覚症状がでてきます。治療には麻酔が必要で、回数も2回かかってくる可能性もあります。

C3
虫歯がすでに歯の内部の神経にまで到達していて、眠れないほどの痛みが出てきてしまうこともあります。感染した神経を取り除く治療が必要で回数も複数回かかります。

C4
C3が悪化した状態で、もう歯として機能させられない状態で、歯を抜かなければなりません。


このような種類があります。
当院では初診時にどこの歯に、どの段階の虫歯があるかの検査結果をお渡ししているので
お口のなかの状況をしる良い機会になります。ぜひ一度ご来院ください。

2016年8月16日

虫歯の治療を途中でやめしまうと、様々な悪いことが起きます。


1、仮詰、仮歯のままの状態で中断してしまった場合

虫歯が進行してきてしまい歯が欠けたり、痛みが出ます。
仮詰や仮歯、歯医者さんの管理のもと、短期間持たせる予定で付けています。すぐに劣化してきてしまうために隙間から虫歯が進行してしまいます。劣化すると見た目も黄色くなり、口臭も強くなってしまいます。

他にも型どりしたものが入らなくなってしまいます
型どりした後に2,3か月空けてしまうと歯が動いてしまいます。そうすると適合が悪くなり、詰め物や被せものが入らなくなってしまうことがあります。期間が空いて入らなかった場合にはその分金額もかかってしまいます。


2、根の治療途中で中断してる場合

歯は骨のなかに埋まっているので、根の治療中はお口の中と骨の中がつながっている状態です。治療を放置して仮の蓋が取れてしまったり、歯の中で細菌が繁殖してしまうと直接顎の骨に感染してしまい、大きく腫れたり、痛みが出たりしてしまいます。
そして、根の治療中に放置してしまうと歯の内側の一番弱い部分が、お口の中の細菌に侵されてしまいます。虫歯の進行が急速に進み、最終的には歯を抜かなくてはいけなくなる可能性もあります。

3、歯を抜いてそのままの状態

歯をぬいたあと、そのままにすると隣の歯は倒れ、噛み合う歯は伸びてきて噛み合わせが崩れてしまいます。いざ、治療をしようとした時には倒れた部分を戻したり、噛み合う部分を削ったり、時間も費用も何倍もかかってしまいます。

このように虫歯の治療を途中でやめてしまうと悪いことしか起きません。
なので、治療の中断はやめましょう。中断するにしても歯医者さんに相談してからが良いですね。

2016年7月 8日

唾液の作用には色々ありお口のなかの健康を保つためにとても大事です。

1、洗浄作用 
唾液により歯、歯肉を洗って、汚れをおとしてくれます。


2、殺菌抗菌作用 
唾液の中には免疫抗体のリゾチーム、ペルオキシダーゼ、ラクトフェ         リンなどに抗菌作用があり歯垢(プラーク)形成を抑制する力がある         んです
 

3、緩衝作用 
口腔内の酸、アルカリを中和する力があります。この作用のおかげで、虫歯になりにくいお口の状態をキープできます。


4、抗脱灰作用 
pHを高めて歯が溶けるのを低下させ、エナメル質、象牙質の再石灰化を促す


5、消化作用 
唾液のなかの酵素が消化を促進してくれています。


6、味覚の促進
唾液によって食べ物の味を舌につたえるのを促進してくれます。


2016年6月 6日

歯茎におできができることがあるのです。そのおできは一体なんのでしょうか?
おできの名前は専門用語でフィステルといいます。

1.フィステル(Fistel)とは
根の先に溜まった膿の袋の出口です。
虫歯や外傷で神経が死んでしまったり、根の治療が不適切な場合、根の先に膿が溜まります。その膿の出口が歯茎にできたおできの正体、フィステルです。フィステルは根の先に膿が溜まるとでき、破れて膿を出します。出し終わると無くなり、また溜まるとでてきます。膿は臭く、口臭の原因にもなります。

2.放置しておくとどうなるか
フィステルの原因である根の先にたまった膿の袋は大きくなり、周りの歯の根を溶かしたり、根っこのまわりの骨を溶かしてしまいます。。長期間そのままの状態が続いたフィステルは根の治療だけでは改善が難しくなり根の一部を取る必要が出てきます。また、膿は血液によって体の中に運ばれ、心臓の病気やアレルギーの原因にもなります。

3.症状はあまりない

フィステルは痛みがほとんどないのですが、違和感はあります。疲れたり、寝不足で体の免疫が下がった時には、腫れや痛みが出ることがあります。

4.フィステルの原因は?

 深い虫歯の治療をした際、神経を残したが耐えられずに神経が死んでしまった
 
 外傷で神経が切断されて神経が死んでしまった。

 根の治療が不適切

 根が割れている

 歯周病
 など色々あります。

 フィステルはほとんどが出来たら、自然には治らないものです。体の生体防御反応の一つで、治療をしなければいけないサインでもあります。お口の中におできみたいなのがあるなと感じたらすぐに歯医者さんに行くのをお勧めします。

2016年5月24日

こんにちわ!
今日のお話は『虫歯になりやすい人・なりにくい人』です

人それぞれお口のなかの環境が全然ちがうので、個人差があります。
では、どのような人が虫歯になりやすいのでしょうか?

まず一つ目は、歯並びです。
歯並びが悪いとブラッシングが届きにくい場所があるので
歯並びが良い人に比べると虫歯のリスクが高くなります。

二つ目、は唾液の分泌量です。
唾液の分泌が少なくなり口の中がネバネバしてくると、口の中が唾液で
流されにくくなり虫歯菌が増えてしまいます。唾液にはお口のなかをき
れいにしてくれる役割もあるのです。

三つ目は、咬み合わせです。
特定の歯に負担がかかることで通常より強い力が歯の表面にかかるので
エナメル質に細かいひび割れが生じそこから虫歯になることがあります。
歯と歯茎の境目に虫歯があったり、歯がえぐれた形をしてるのは噛み合
わせが影響してる可能性があります。


その他、生活習慣、歯磨きの仕方、食生活や歯の形態などによっても虫歯のリスクが
高くなります。

虫歯予防には寝る前の歯磨きに加えて間食の回数をへらすことが大事です。
特に夜寝る前の間食をできるだけ避けることをおススメします。
また、虫歯は早期発見することが大事で痛みがでてからだと遅いのです。
ですので
定期的に歯医者さんに行きましょう!!

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

芝大門歯科クリニック
芝大門歯科クリニック

〒105-0012
東京都港区芝大門2-1-17
朝川ビル1F
電話番号 03-3578-8880

大門駅A6出口より徒歩2分
芝公園駅A3出口より徒歩4分
浜松町駅北口より徒歩5分

休診日
土曜日、日曜日、祝日

月曜日・火曜日・木曜日は、20:30まで診療いたします。

公式サイトはこちら