2009年12月16日 « トップへ » 2009年12月18日

2009年12月17日

目立たない裏側矯正装置~インコグニト(Incognito)

インコグニト00


2001年ドイツのDirk Wiechmannが発表したインコグニトシステムは、高解像度3Dスキャナー、CAD/CAMシステム、ワイヤーベンディングロボット、等の高精度で精密な先端情報技術を用いることで、患者さま個人に合わせたカスタムメイドの矯正装置です。

装着感が良く、無理なく優れた治療結果を得られるのが特徴です。
治療前の状態
インコグニト01


インコグニトを装着
インコグニト02


治療完成
インコグニト03


保定
インコグニト04

歯医者は痛いもの。あなたはそう思っていませんか?

歯医者は痛いもの。あなたはそう思っていませんか?あの"キーン"というドリルの嫌な音、そして振動。
想像しただけで、歯医者さんなんかに行きたくない! と感じてしまう方は多いと思います。

しかし最近では、痛みを無くす、または減らすことができる最新技術(無痛治療といいます)がたくさん誕生しています。
当院で導入している無痛治療については、どうぞお気軽にご相談ください。

麻酔を行う前に~表面麻酔剤

麻酔を行う前に~表面麻酔剤「ちゃんと麻酔をするから、痛みはありませんよ」といわれても、そもそも麻酔をするときの"チクリ"がイヤ、という方もいるのではないでしょうか。

当院では"表面麻酔"を使用することで、麻酔の痛みを減らしています。
これは、患部に吹き付けたり、塗ることで麻酔効果が得られる薬剤。もちろん、このとき痛みは感じません。液を塗るだけなのですから。その後、"じわじわ"と麻酔が効いてきた後に、電動注射器で麻酔を注入します。表面麻酔剤

注射の圧力をコンピュータで制御~電動注射器

電動注射器麻酔の痛みをさらに和らげるために、麻酔液の注入は電動注射器を使います。

麻酔注入時の痛みの原因は、実はその圧力。この機械を使えば、コンピュータ制御で麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入することができます。そのため、麻酔の嫌な痛みを緩和することができるのです。

患者さまにできるだけ痛い思いをして欲しくない。そんな思いから、麻酔時の痛みでさえ細心の注意をはらっております。

見えない矯正装置~アソアライナー

アソアライナーとは、透明な素材で作られたマウスピース型の矯正装置のことです。

矯正治療中も全く目立たず、また取り外しも可能であるため、家にいるときだけ使用することもできます。ですから、営業など、どうしても人前に立たなければいけない仕事についている方も安心して治療を行えるというわけです。

また、食事中は取り外すことで、料理もおいしく食べることができます。

アソアライナー

アソアライナー

▼アソアライナーによる空隙閉鎖(すきっ歯の治療)
アソアライナー
アソアライナー
アソアライナー


2009年12月16日 « トップへ » 2009年12月18日


予約システムへ