トップへ » 治療方針 » 審美歯科 » 審美歯科の種類について

審美歯科の種類について

歯の銀行004
審美歯科には、大きく分けて「ホワイトニング」と「セラミック治療」2つの方法があります。

「ホワイトニング」とは、薬剤を使って歯を白くする方法のこと。手軽に歯を白くできるため、最近では多くの方が利用されています。最近ではとてもポピュラーな治療方法なので、名前を知っている方も多いのではないでしょうか。

一方、「セラミック治療」とは、変色してしまった歯や、銀歯などのつめもの・かぶせものを、セラミックでできた白いかぶせものに変える方法のこと。セラミックの持つ高い硬度と、自然な透明感を利用した治療方法です。また、簡単に歯並びを変えることもできるのも魅力のひとつでしょう。

セラミック治療は、
「笑ったときに銀歯が見えて気になる」
「一本だけ横を向いている歯がある」
「差し歯にした歯ぐきが変色してしまった」

などに症状にオススメの治療です。


トップへ » 治療方針 » 審美歯科 » 審美歯科の種類について


予約システムへ